春畑道哉モデルのFender MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER登場

2021年11月7日

Fenderから、TUBEのギタリスト春畑道哉さんのシグネイチャーモデル「MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER」が発売されます。

Fender MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER

概要

MICHIYA HARUHATA STRATOCASTERは、春畑道哉さんのこだわりを凝縮した日本製のシグネイチャーモデルのようです。そして、2011年にFenderのトップブランドである"FENDER CUSTOM SHOP"から発売された「MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER III」がベースとなっているようです。

美しいカリブ海をイメージしたキルトトップのカリビアンブルーのボディに様々なアイデアが詰め込まれたこのギターは、TUBEや春畑道哉さんのソロワークなど様々な活動を通じてアイコニックな存在感を放っているようです。

今年の5月初旬、TUBEの全国ツアーのステージリハーサルにおいて、完成したしたプロトタイプをチェックした春畑さんは一瞬にしてそのギターを気に入り、そのまま本番のステージでも使用したようです。また、その後もそのギターで演奏し続けていることから、そのクオリティの高さと春畑さんの期待に答えた仕上がりになっていることを証明しているようです。

クオリティと価格の両立

2017年に以前から手の届きやすい価格帯で自信のシグネイチャーモデルの開発を希望していた春畑さんのために、価格を抑えつつも妥協ないスペックを備えたモデル開発のプロジェクトがスタートしたようです。

春畑さんが納得できるクオリティと魅力的な価格の両方を実現するため、シニアマスタービルダーのクリス・フレミングによる監修を経て大幅な品質向上を遂げた日本製ラインでの開発となったようです。

ピックアップ

フロントにDIMARZIO DP153、センターにTexas Special、リアにDIMARZIO DP193というHSH構成のピックアップは、普通のStratocasterとは異なりボディにダイレクトマウントされており、パワフルで埋もれることの無い明瞭なサウンドを実現しているようです。

ネックシェイプ

ネックシェイプは、春畑さん本人が使用している実機を3Dスキャンし、緻密再現された"MICHIYA HARUHATA SOFT V"を採用しているようです。そして、ヘッドストック裏面には春畑さんのサインが施されているようです。

その他

リバースのラージヘッド、ユニークかつ機能的なコントロール系統、ダブルロッキングトレモロシステムなど「MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER III」に詰め込まれていたアイデアを余すところなく搭載しているようです。

まとめ

  • クオリティと魅力的な価格の両方を実現
  • HSH構成のピックアップはボディにダイレクトマウント
  • ネックシェイプは春畑さん本人が使用している実機を3Dスキャンして緻密再現
  • リバースのラージヘッド、ユニークかつ機能的なコントロール系統などを採用

Fenderが日本製ラインで、春畑道哉さんのシグネイチャーモデルを出しますね。春畑道哉さんののファンの方にはたまらないのではないでしょうか。春畑道哉さんのファンの方やストラトが好きな人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓で価格を比較してみてください。

MICHIYA HARUHATA STRATOCASTERについてはこちらこちらを参照してください。