BitmapがバージョンアップRed Panda Bitmap V2登場

2021年4月19日

概要

Red PandaのBitmapがBitmap V2にバージョンアップします。

Bitmap V2は、ビットを小さく切り刻むビットリダクションとサンプルレートモジュレーションを組み合わせるビットクラッシャーペダルのようです。そして、暖かく粗い、クラシカルなビットクラッシュアルゴリズムを加え、シグナルを24ビットから1ビットにまでリダクションすることができるようです。

さらに、ウェーブシェイピング、ウェーブフォールディング、極端なデジタル歪みを生み出すウィンドウコンパレータが追加されているようです。また、ギター、ベース、シンセサイザー、ドラムマシンを初め、多くの楽器やラインレベルのソースに対応しているようです。

ギター1本でかっこよく弾ける!はじめての「ソロギター講座」

DRIVEコントロール

DRIVEコントロールでシングルコイルのエレキギターからシンセサイザーまでのシグナルを制御できるようです。そして、最大シグナルレベルは+8dBuで、歪んだミキサーチャンネルのようなトーンを作るようです。また、モジュレーションとエンベロープコントロールによりダイナミックで高い応答性の歪みやデジタルアーティファクトを作るようです。

楽器上達なら【シークミュージックスクール】

ビットリダクション

Bitmap V2は、スタカートのプレイを邪魔することなく、最大のサステインが得られるよう調整されているようです。そして、ビットリダクションは幅広い音域に対してスムースに可変し、インプットゲインスイッチとアウトプットのゲインコントロールはどんなインプットシグナルにも有効で、飽和したディストーションから電池が切れかけのファズサウンドのような歪みを作ることができるようです。

【30日で弾ける初心者向けギターレッスン 3弾セット】

サンプルレートリダクション

サンプルレートリダクションは不協和倍音と乱雑な歪みを作るようです。そして、少しだけレートを落とすとギターの高域やドラムサウンドにジリジリとした音が加わり、レートを大きく落とせば古いテレビゲームの8ビットサウンドのような音になるようです。また、ルートや5thは、特にメロディに対する不協和音が作られるようです。これはサンプル/ホールドサウンドを作り、アナログビットクラッシャーの領域にまで踏み込むようです。

まとめ

  • ビットを小さく切り刻むビットリダクションとサンプルレートモジュレーションを組み合わせるビットクラッシャーペダル
  • ウェーブシェイピング、ウェーブフォールディング、極端なデジタル歪みを生み出すウィンドウコンパレータが追加

BitmapがBitmap V2にバージョンアップしますね。Bitmapが好きな人やビットクラッシャーペダルを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓で価格を比較してみてください。

Bitmap V2についてはこちらを参照してください。