RightON!STRAPS LEGEND BM BOHEMIAN登場!ライブエイドでブライアン・メイが使用したストラップを再現!

RightON!STRAPS LEGEND BM BOHEMIAN

RightON!STRAPSから、1985年にロンドンのウェンブリースタジアムで行われたライブエイドで、ブライアン・メイが、レッド・スペシャルに付けていたストラップを再現した「LEGEND BM BOHEMIAN」が発売されます。

復刻の経緯

2018年8月9日に、アメリカのRightON!STRAPSの代理店からRightON!STRAPSへメールが届いたようです。

そのメールは、”Strap Idea “という件名で、”数日前、アメリカの大手楽器店と話したときに、興味深いアイデアが浮かびました。彼らは、新しいクイーンの映画(ボヘミアン・ラプソディ、2018年)で使用されているストラップが、ブライアン・メイの使用した本物のストラップと全く似ていないことに気づいたのです。下のメールに写真があります。復刻は可能ですか?”という内容だったようです。

そして、RightON!STRAPSは、YESと答えたようです。

オリジナルのストラップについて

RightON!STRAPSはストラップの情報を探し、1985年にロンドンのウェンブリースタジアムで行われたライブエイドでのクイーンの印象的なパフォーマンスによって、アイコンとなったことに気がついたようです。

このパフォーマンスは、映画「ボヘミアン・ラプソディ」でも再現されたようですが、グウィリム・リー(映画ではブライアン・メイ)が劇中で着用したギターストラップを再現する際、オリジナルとはかけ離れた仕上がりになってしまったようです。

その理由は、デジタル化される前の時代に、バックルの正確な形状や浮き彫りのフィリグリー模様がどのようなものかを確認するのは非常に困難だったからのようです。

また、オリジナルのストラップは、紛失、行方不明、あるいは盗難にあったということのようで、いろいろな意見があり、真実は闇の中だったようです。

そして、情報はあまり見つからなかったようですが、このギターストラップは、歴史上多くのギタリストが行ってきたように、普通のズボンのベルトをギターストラップに変身させたものだと推測したようです。

オリジナルからの変更点

RightON!STRAPSのデザインチームは、より使いやすさを追求してRAS長さ調整システムを適用し、調整幅を広くすることで、オリジナルのストラップが感じていたような窮屈さを無くしたようです。

さらに、ギターを取り付けるための穴も追加しているようです。

そして、オリジナルのストラップの特徴として、スライドを固定するためにガムテープを貼り付けてあるようですが、デザインチームは各プレイヤーが好みの位置を選べるように、また、好みに応じて付属の布テープを外してガムテープに置き換えるという方式を取ったようです。

▼紹介した製品探すならここ▼

まとめ

  • ライブエイドでブライアン・メイが使用したストラップを再現
  • より使いやすさを追求してRAS長さ調整システムを適用
  • ギターを取り付けるための穴も追加
  • 好みに応じて付属の布テープを外してガムテープに置き換える方式

RightON!STRAPSから、1985年にロンドンのウェンブリースタジアムで行われたライブエイドで、ブライアン・メイが、レッド・スペシャルに付けていたストラップを再現したものが出ますね。

ファンの人やギターストラップを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

LEGEND BM BOHEMIANについてはこちらを参照してください。