どんなピックを使いますか?

2021年2月22日

ギタリストなら大抵の人が使うのがピック(フィンガーピッキングしかしない人は別)。みなさんはどんなピックを使っていますか?

おにぎり型ピックについて

ピックには、主におにぎり型とティアドロップ型があります(それ以外もあるけど割愛)。おにぎり型は、三角形の形をしていて弦を弾く場所が3箇所あって少しお得です。そして、個人差はありますが、ティアドロップ型よりストロークやカッティングに向いていると言われています。

ティアドロップ型ピックについて

ティアドロップ型は、涙のしずくのような形をしているピックで、基本的に尖っている箇所で弦を弾きます(丸い箇所で弾く人もいる)。弦を弾く箇所が1つなので、おにぎり型のようなお得感は無いです。個人差はありますが、おにぎり型よりピッキングが素早くスムーズに行いやすいと言われています。

ピックの厚さ

ピックの厚さによって、弦を弾いた際のレスポンスが変わります。薄ければ遅く、硬ければ早くなります。また、ピックの硬さによって弦をヒットする際に生まれるアタック音にも影響します。硬ければはっきりとし、柔らかいと控え目になります。同じ素材ならば、薄いピックだと柔らかく、厚いピックだと硬くなります。そして、演奏性にも影響します。硬いピックだと単音が弾きやすくなりますが、ストロークが弾きにくくなります。反対に、柔らかいピックだと単音が弾きにくくなりますが、ストロークが弾きやすくなります。

ピックの素材

ピックには、様々な種類の素材があります。素材によって、音や演奏性が変わります。素材の数が多いので、数種類だけ紹介します。

・セルロイド
一般的なピック素材で、万人受けする柔軟性を持っています。光沢感あり表面はツルツルしています。カラーバリエーションや厚みも豊富で、印刷のノリもとても良い素材です。僕の印象では、他のピックと比べて太い音がします。

・ポリアセタール
耐摩耗性に優れた素材で削れにくい。マットな質感で光沢感はなく表面はザラザラしています。僕の印象では、セルロイドと似た音がする素材です。

・ビニール・ナイロン
粘りがあり、他の素材に比べて同じ厚さでも最もよくしなる特徴を持っています。僕の印象では、他のピックと比べると柔らかくてアタック音が鈍いです。

・ウルテム
優れた耐熱性と強度を持ち、バランスが取れた素材です。人間の爪に近い素材とも言われています。僕の印象では、他のピックと比べて高音が出ます。

終わりに

僕は、素材がセルロイドかポリアセタールで厚さがミディアムのおにぎり型のピックを使うことが多いです。なぜなら、音と演奏性のバランスが良くて、オールマイティに使えるからです。ピックは1つ100円(税別)のものが多くお金をあまりかけずにたくさん試試しやすいのて、みなさんも色々試してみてください。

おにぎり型ピックは↓から購入できます。

ティアドロップ型ピックは↓から購入できます。