Acoustic Wiredの後継機Beyond acoustic wired 2S登場

2022年5月24日

ソニー出身のエンジニアらによって2019年に設立された新ブランドBeyondの真空管搭載エレアコ用プリアンプ/DIボックス「Acoustic Wired」が「acoustic wired 2S」にモデルチェンジします。

Beyond acoustic wired 2S

概要

acoustic wired 2Sは、原音に忠実に、かつ真空管による倍音豊かな増幅と独特のコンプレッション感を持つ、エレアコ専用のプリアンプ/DIボックスのようです。

そして、真空管による増幅が、ナチュラルなレンジの広がりと驚くほどの立体感、いままでに体験したことのない空間を演出するようです。

また、XLR出力端子を装備しているので、どんな環境でもバランス接続でき、サウンドの全てをスピーカーまで届けるようです。

トーン回路

アコギ用に最適化されたゲインとトーンのユニットを搭載しているようです。

そして、トレブル、ミドル、ベースの3バンドEQによって、「甘い低音」、「迫力のある低音」、「ドンシャリ」、「トレブル・ブースト/カット」など、どんなセッティングでも特徴的な真空管サウンドをきらびやかに演出するようです。

Acoustic Wiredからの変更点

グランドリフトスイッチと位相反転スイッチを搭載したようです。

そして、グランドを浮かせることで、グランドループの発生を防いだり、DIとして使用する場合に必要に応じて位相を反転できるようです。

また、入力レベル調整トリムがなくなったようです。

さらに、サイズが大きくなったようです。

▼上記のプリアンプ探すならここ

Beyond acoustic wired 2S

まとめ

  • 真空管搭載エレアコ用プリアンプ/DIボックス
  • 原音に忠実に、かつ真空管による倍音豊かな増幅と独特のコンプレッション感を持つ
  • アコギ用に最適化されたゲインとトーンのユニットを搭載
  • グランドリフトスイッチと位相反転スイッチを搭載

BeyondのAcoustic Wiredがモデルチェンジしますね。

真空管搭載のエレアコ用プリアンプ/DIボックスを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

▼紹介した製品探すならこちら。

Beyond Acoustic Wired 2S

Beyond acoustic wired 2S

acoustic wired 2Sについてはこちらを参照してください。