Carl Martin Octa-Switch The Strip登場!第4世代モデルのプログラマブルのスイッチャー!

Carl Martinから、Carl Martinのプログラマブルのスイッチャーとしては第4世代のモデルになる「Octa-Switch The Strip」が発売されます。

概要

Octa-Switch The Stripは、今まで同様に8系統のループを装備し、8バンクのメモリーが可能のようです。そして、今までのモデルを進化させ、各ループのオン/オフ設定を任意のフットスイッチにワンステップでメモリーできるシンプルなプログラム方法を採用しているようです。また、ギターアンプと統合した音づくりを実現する「4ケーブルメソッド」にも対応しているようです。さらに、奥行きの少ないスリムなシェイプへと大幅なデザイン変更を行い、エフェクトボードにもフィットし、操作しやすいセッティングが可能のようです。

各ループは、トゥルーバイパス回路となっているようです。また、内部の切り替えスイッチには、あらゆるインピーダンスに対応するゴールドリレーを採用しているようです。そして、あらゆるタイプのペダルエフェクトをトラブルなく使用することができるようです。

モード切り替え

各ループのオン/オフ設定を8種類のバンクとしてメモリーでき、バンクプリセットモードとして各フットスイッチで切り替え可能のようです。そして、その場合でもInst. Access(インスタントアクセス)スイッチを踏むことで瞬時にプログラムモードに切り替わり、その場でループのオン/オフを変更できるようです。また、もう1度Inst. Accessスイッチを踏めば、元のプログラムに戻せるようになっているようです。

センド端子とインプット端子

最後の3つのループ(Loop 6/7/8)用に独立したセンド端子とインプット端子を装備しているようです。これは、ギターアンプと統合した音づくりに最適な「4ケーブルメソッド」を簡単に実現するための仕様のようです。

このセンド端子からアンプのFXループ入力に接続してインプット端子にアンプのFXループ出力からの信号を接続することで、この3つのループが通常のシグナルチェインから切り離され、独立してアンプのFXループに送られるようです。そして、後段にモジュレーションや残響系のエフェクトを使うことで、前段のダイナミクス系やドライブ系ペダルとギターアンプとは独立した音づくりを可能にするようです。

その他

ギターアンプのチャンネルやFXループのオン/オフ切替えのフットスイッチ機能をスイッチャーに統合する外部リモートスイッチ端子も4系統装備しているようです。そして、アウトプットは2系統を装備し、バンクごとに出力のオン/オフをDIPスイッチで設定可能のようです。さらに、MIDIアウトの端子も装備するなど、充実の機能を備えるようです。また、独立したBypass/Muteフットスイッチも装備し、装備背面のボタンで全体のバイパスかミュートのどちらの機能になるかを選択可能のようです。

まとめ

  • 第4世代のモデルになるプログラマブルスイッチャー
  • 今まで同様に8系統のループを装備し、8バンクのメモリーが可能
  • 4ケーブルメソッドにも対応
  • 奥行きの少ないスリムなシェイプへと大幅なデザイン変更

Carl Martinから、第4世代のモデルになるプログラマブルスイッチャーが出ますね。プログラマブルスイッチャーを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓から購入できます。

Octa-Switch The Stripについてはこちらを参照してください。