DSM Noisemaker OmniCabSim MINI登場!ミニサイズキャビネットシミュレーター/DI!

2023年5月9日

DSM Noisemaker OmniCabSim MINI

DSM Noisemakerから、ペダルボードの狭いスペースを有効に使うことのできるミニサイズのキャビネットシミュレーター/DIの「OmniCabSim MINI」が発売されます。

概要

OmniCabSim MINIは、多彩な機能を使いやすいパッケージでまとめ、多くのスピーカーキャビネットの音色を再現し、簡単に必要な音色を作ることができるようです。

そして、低ノイズのバランスドDI XLRアウトプットとスルーアウトも可能な1/4インチフォンアウトを備えているようです。

例えば、アンプから中音を、ラインから外音を出すようなセッティングも可能のようです。

コントロール

コントロールは以下のようです。

Texture仮想キャビネットの高域のレスポンスを微調整。
スーパーダークなトーンから広い周波数帯を持つきらびやかなサウンドまでコントロール可能。
中央付近に設定すると暖かで立地な倍音成分を持つサウンドとなる。
Resonance低域の出方を調整。
Level低域の出方を調整。
Amp Gain真空管パワーアンプの持つ複雑なオーバードライブ特性をエミュレートし、ゲインをコントロール。
高く設定すれば、パワーアンプが生み出すスムースなクリッピングとコンプレッション、ラウドアンプのミッドレンジのバイトを再現。
単に周波数レスポンスを再現するだけでなく、もっとダイレクトな感触でプレイすることが可能。
Cab Sizeギター用スタックアンプのStack、ギター用コンボアンプのCombo、ベース用の大型キャビネットのFridgeから選択可能。
どんな状況でも様々なスタイルに合わせてタイトでパンチの効いたローエンドのレスポンスを実現。
Byp本体をバイパス。
1/4”Out1/4インチフォンアウトのサウンドを切り替える。
CabにすればエフェクトON、Thruにすればキャビネットシミュレーターをかけないスルーアウトとなる。
XLRグラウンドリフトを切り替える。

まとめ

  • ミニサイズのキャビネットシミュレーター/DI
  • 多彩な機能を使いやすいパッケージでまとめ、多くのスピーカーキャビネットの音色を再現
  • 簡単に必要な音色を作ることができる
  • バランスドDI XLRアウトプットと1/4インチフォンアウトを備えている

DSM Noisemakerから、ミニサイズのキャビネットシミュレーター/DIが出ますね。

キャビネットシミュレーター/DIを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。