アコギを試奏しに楽器屋巡りしました

2022年1月20日

昨日は、連休を利用してアコギを試奏しに行きました。今回試奏したアコギは当りが多かったので、楽しかったです。

1件目の楽器屋

最初に行った楽器屋では、3本のアコギを試奏しました。

Gibson J-45Mを試奏

Gibson J-45M

1本目のギターは、GibsonのJ-45Mです。このギターは、1999年製の楽器店オーダーモデル(おそらく三木楽器)の中古で、エボニーカラーの本体にホワイトカラーのラージピックガードのモデルです。そして、ネックは太いものでしたが、弾きにくくはありませんでした。また、良く弾き込まれていたのか良く鳴るギターでした。J-45はジャキジャキとした音の印象が強いですが、元気な感じでいて太い音がするギターでした。

Gibson J-45 Standardを試奏

Gibson J-45 Standard 2016

2本目のギターは、GibsonのJ-45 Standardです。こっちのJ-45は、スモールピックガードにサンバーストカラーの中古です。そして、ネックは1本目のギターよりも薄くて、弾きにくくはありませんでした。また、このギターも良く弾き込まれていたのか良く鳴るギターでした。1本目のギターと比べて軽快な音がするギターで好みの音でした。

Martin D-18 SQを試奏

1992年製Martin D-18 SQ

3本目のギターは、MartinのD-18 SQです。このギターは、1992年製のスクエアトラスロッド(固定式のロッド)の中古で、カラーはナチュラルです。そして、ネックは太いものでしたが、弾きにくくはありませんでした。また、このギターも良く弾き込まれていたのか良く鳴るギターでした。先の2本が元気な音だったのに対して、このギターは落ち着いた感じのきれいな音がするギターでした。同じマホガニーサイドバックのギターでもメーカーが違えば音も違うのだと実感しました。

2件目の楽器屋

最初に行った楽器屋で試奏したのは、3本とも良いギターだったので、購入候補にして次の楽器屋に向かいました。ここでは、2本のギターを試奏しました。

Taylor 314ceを試奏

Taylor 314ce 2017

1本目のギターは、Taylorの314ceです。2017年のモデルの新品で、カラーはナチュラルです。そして、ネックは太くなくて弾きやすかったです。また、まとまりのある音がして悪くは無かったのですが、最初の楽器屋の3本と比べると音がイマイチでした。

Taylor 414ceを試奏

Taylor 414ce

2本目のギターは、Taylorの414ceです。ナチュラルカラーの新品で、ネックは太くなくて弾きやすかったです。そして、314ceと比べるときらびやかで音量も大きかったです。314ceよりかは音が良かったのですが、最初の楽器屋の3本と比べると音がイマイチでした。

3件目の楽器屋

2件目の楽器屋で試奏したTaylorの2本は、悪いギターでは無かったのですが、30万近くの金額を払ってまで欲しいものではなかったので、候補から外して次の楽器屋に向かいました。ここでは、3本のギターを試奏しました。

Gibson Hummingbirdを試奏

2003年製Gibson Hummingbird

1本目のギターは、GibsonのHummingbirdです。2003年製の中古で、良く弾き込まれていたのか良く鳴るギターでした。そして、ネックの太さは丁度良くて弾きやすかったです。また、きちんと低音がでており、ストローク時に音が潰れずに太い音がしていました。

Gibson J-45 Standardを試奏

Gibson J-45 Standard 2017

2本目のギターは、GibsonのJ-45 Standardです。2017年製の中古で、スモールピックガードにヴィンテージサンバーストカラーのモデルです。そして、このギターのネックの太さは丁度良くて弾きやすかったです。また、1年前に製造されたギターなのですが、良く鳴るギターでした。Hummingbirdと比べると低音が出ていませんでしたが、Hummingbirdよりも軽快な音がしてストロークに適していました。

Headway HJ-HOBO STDを試奏

Headway HJ-HOBO STD BLK

3本目のギターは、HeadwayのHJ-HOBO STDです。このギターは、エボニーカラーの本体とホワイトカラーのラージピックガード仕様のJ-45を模した新品のギターです。そして、このギターのネックの太さは丁度良くて弾きやすかったです。また、新品のギターなのですが、思っていたよりも鳴るギターでした。しかし、HummingbirdやJ-45と比べると鳴ってはいませんでした。軽快なストロークやアルペジオなどバランスよく使える音がするギターでした。

終わりに

今回の試奏は、お金さえあれば全部のギターを購入したいくらい良いアコギとの出会いが多くて有意義なものでした。良いギターとの出会いがあるのかもしれないので、みなさんも楽器屋巡りをしてみてはいかがでしょうか。

似たモデルなら↓で買えます。