Kavaborgから硬質耐熱ガラスを使用したスライドバーが登場

2021年9月13日

Kavaborgから、暖かな音色をつくる硬質耐熱ガラスを使用したスライドバーのHigh-boron Glass S501GS(以下S501GS)とHigh-boron Glass S502GS(以下S502GS)が発売されます。

Kavaborg High-boron Glass S501GS、High-boron Glass S502GS

概要

スライドバーをボトルネックと呼ぶことがありますが、これはガラス製のボトルの注ぎ口を切り取ってスライドバーにしたという逸話から生まれており、その逸話を考えるとスライドバーはもともとガラス製が王道だったのかもしれません。そして、S501GSとS502GSは、そんな王道の音色を生み出すハイボロングラス(耐熱硬質ガラス)を用いたスライドバーのようです。

S501GS買うならこちら

カラーとサイズ

S501GSとS502GSの違いは、色のみのようです。そして、S501GSがクリアカラーで、S502GSがレッドカラーのようです。また、長さが68mm、ガラスの厚さが4mm、内径が20mmのようです。

Kavaborg High-boron Glass S502GS

Kavaborg High-boron Glass S502GS

まとめ

  • 暖かな音色をつくる硬質耐熱ガラスを使用したスライドバー
  • S501GSがクリアカラー、S502GSがレッドカラー
  • 長さが68mm、ガラスの厚さが4mm、内径が20mm

Kavaborgから硬質耐熱ガラスを使用したスライドバーが出ますね。スライドバーを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓から購入できます。

S501GSについてはこちらを参照してください。
S502GSについてはこちらを参照してください。