ObsidianWire TRUE VINTAGE 54′ FOR STRAT登場!50年代のストラトの配線を再現!

ObsidianWireから、1954年のオリジナルストラトキャスターの配線に基づいて設計された、50年代の配線を再現するハーネスの「TRUE VINTAGE 54′ FOR STRAT」が発売されます。

概要

TRUE VINTAGE 54′ FOR STRATは、ObsidianWireのVintagePlusセットと比較すると、音量を下げると音が暖かくなるVolumeコントロールやトーンコントロールを介さないブリッジピックアップなど、当時の配線を再現しているようです。

1954年のストラトキャスターのVolumeコントロールは、ボリュームを下げると高音域がロールオフしたようです。

これは、常に明瞭な音を出すための配線ではありませんが、リードとリズムの間を行き来する際に、リズムでは別のパートが自然に前に出るような効果があったようです。

そして、2つのToneコントロールは、ネック用とミドル用に固定されており、0,1mfdのコンデンサと250kポットを使用し、現在の一般的なトーンコントロール(0.047ufまたは0.022uf)よりも広い範囲で高域をロールオフすることができるようです。

また、ブリッジピックアップはトーンコントロールを通らないようです。

現在の一般的なブリッジピックアップもTon2を通す形と比較すると、静電容量が減少するため、わずかに高域が強く、明るいサウンドになるようです。

5Wayスイッチ

オリジナルの1954年ストラトキャスターには3Wayスイッチが搭載されていますが、TRUE VINTAGE 54′ FOR STRATでは5Wayスイッチを採用しているようです。

そして、5Wayスイッチを採用した理由は、ハーフトーンがストラトキャスターにとって欠かせないものだと考えているためのようです。

適合モデル

アメリカ、およびメキシコ製の右利き用フェンダーストラトキャスターに直接フィットするよう設計されているようです。

そして、インチサイズのポットを使用しているため、日本製モデルの場合はピックガードの穴を3/8インチ(10mm)に広げ、インチサイズ用のノブが必要となるようです。

さらに、キャビティの加工が必要な場合があるようです。

また、レフティモデルには使えないようです。

▼上記のパーツ探すならこちら▼

まとめ

  • 1954年のストラトの配線に基づいて設計された50年代の配線を再現するハーネス
  • ハーフトーンを使うために5Wayスイッチを採用
  • アメリカとメキシコ製の右利き用のフェンダーのストラトに直接フィットするよう設計
  • レフティモデルには使えない

ObsidianWireから、1954年のオリジナルストラトキャスターの配線に基づいて設計された、50年代の配線を再現するハーネスが出ますね。

ストラトを1954年の配線にしたい人は、検討してみてはいかがでしょうか。

▼紹介したパーツ探すならここ▼

TRUE VINTAGE 54′ FOR STRATについてはこちらを参照してください。