『THE EFFECTOR BOOK Vol.59』発売!ブリティッシュ・サウンド特集!

『THE EFFECTOR BOOK Vol.59』

シンコーミュージックから、ブリティッシュ・サウンドを特集した『THE EFFECTOR BOOK Vol.59』が発売されます。

発売予定日は2023年3月30日のようです。

概要

1990年代に一時代を作ったマーシャル製のエフェクター4機種(The Guv’nor、Drivemaster、Bluesbreaker、Shredmaster)が約20年の時を経て復活しました。

言わずと知れたイギリスの超名門アンプブランドが往年の自社製エフェクターをリイシューしたことは、各界で大きな話題となっているようです。

しかも、初回入荷分は予約分だけで売り切れたようです。

また、使用実績のあるプレイヤーを挙げると驚くほどの大物ばかりで、ジョン・メイヤー、レディオヘッドのトム・ヨークとジョニー・グリーンウッド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズ、オーシャン・カラー・シーンのスティーヴ・クラドック、ザ・ダークネスのダン・ホーキンス、人間椅子の和嶋慎治さん、Do As Infinityの大渡亮さんなど、古今東西の様々な世代とジャンルのギタリストがマーシャル製エフェクター愛用してきているようです。

そこで、『THE EFFECTOR BOOK Vol.59』では、そんな名機シリーズの復活に託けて、「ブリティッシュ・サウンド」と呼ばれる音色が一体どんなものであるのかを再検証するようです。

そして、復刻されたマーシャル製エフェクター4機種の分析を軸に「英国風ギター・サウンド」が持つ魅力を炙り出していくようです。

コンテンツ

コンテンツは以下のようです。

[特集1]
BRITISH SOUND(AMP LIKE)
みんな大好き!ブリティッシュ・サウンド

■[Chronicles]マーシャルがペダルを作り始めた背景を探る
■[Interview]和嶋慎治(人間椅子)
■[Interview]大渡 亮(Do As Infinity etc.)
■[Interview]ukicaster(ハンブレッダーズ)
■[Interview & Analysis]SYU(GALNERYUS)がマーシャル・ペダル4兄弟を試奏
■[Analysis]マーシャル・ペダル4兄弟の血縁関係を紐解く
■[Photo Archieves]ギタリストの機材に見られる“マーシャル愛”
■[Chronicles]アンプライク・ペダルが求められた背景を紐解く
■[Analysis]“ブリティッシュ”を感じる現行モデルを試奏分析
■[Column]ブリティッシュ・サウンドはキャビだろ!
■[Interview]Blackstar
■[Interview]Wampler Pedals
■[Enquete]エフェクター識者が考える「ブリティッシュ・サウンドの正体」
■[Tutorial]アンプライク・ペダル回路の構造学
■[Tutorial]“ブリティッシュ・サウンド”とは何か?
■[Interview]レコーディング・エンジニアにとっての英国サウンド feat.Kensei Ogata
■[Tutorial]ブリティッシュ・サウンドが好まれる理由
■[Setting Guide]“The Guv’nor”を現代的なアンサンブルで使う(坂本夏樹)
■[Setting Guide]“The Guv’nor”の使い方を考察する(Jake Cloudchair)[動画連動]

[特集2]Walrus Audio
“型”から見える流儀、流儀から生まれる“型”

[新製品紹介]COMING UP NEXT NEW PRODUCTS REVIEW

[Specials]
菊池真義×Jyugehm Stomps

[Event Report]
第3回 Nutube Builder’s Summit 2022
(Nutube自作エフェクター・コンテスト)

[インタビュー]Builder’s Voice
Styrmon feat. Cloudburst
Two Notes
Beetronics

新製品インフォメーション

[連載]Whatever cool with me
さいとうさんに聞いてみよう(Soul Power Instruments)
世界のマニアックさんたち、こんにちは(きになるおもちゃ)
音の正体(布施雄一郎)
BENIMARULABO[出張版](BENIMARU)
試奏動画の裏側から(川村健司)
なんばの楽器店からキラーパス(兼政拓実)
マニアの極北(細川雄一郎)

まとめ

  • 「ブリティッシュ・サウンド」と呼ばれる音色が一体どんなものであるのかを再検証
  • 復刻されたマーシャル製エフェクター4機種の分析を軸に「英国風ギター・サウンド」が持つ魅力を炙り出す

シンコーミュージックから、ブリティッシュ・サウンドを特集した『THE EFFECTOR BOOK Vol.59』が出ますね。

ブリティッシュ・サウンドやマーシャル製エフェクターが好きな人は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

『THE EFFECTOR BOOK Vol.59』についてはこちらを参照してください。

ECサイトで探す

『THE EFFECTOR BOOK Vol.59』は、以下のECサイトで探せます。