Black Arts Toneworks Priestess登場!ラウドで生々しく分厚い音色を多彩にトーンシェイピングできるファズ!

Black Arts Toneworksから、ラウドで生々しく分厚い音色を多彩にトーンシェイピングできるファズペダルの「Priestess」が発売されます。

概要

Priestessは、マフタイプの様々なバージョンを最大限に活用し、組み合わせて生まれたようです。そして、ダイナミックでオープンなファズからマフスタイル特有のなめらかで分厚いサチュレーションまでをカバーするようです。また、センターマイナスDC9Vアダプターで駆動し、電池は使用できないようです。

ゲインステージ

Priestessには、複数のゲインステージがあるようです。最初のゲインステージは、Black Arts Toneworksの人気ファズPharaohで、インプットが高いほどスタックし、レスポンスに優れるようです。次のゲインステージは、グリーンロシアン期のアタックとボトムエンドを作るようです。3つ目のゲインステージは、現行NYCモデルにクリーミードリーマーモディファイを加えたハイゲインファズです。最後のゲインステージは、高出力に仕上げられているようです。

コントロール

コントロールは、VOLUME、FUZZ、TONE、MIDS、CLIP1、CLIP2のようです。

VOLUMEは、音量を調整するようです。

FUZZは、歪みを調整するようです。

TONEは、フルレンジトーンコントロールのようです。そして、反時計回りでローエンドを強調し、時計回りでチップエンドを強調するようです。

MIDSは、反時計回りでミッドをカットするようです。そして、深くミッドを削ったトーンからミッドを軽く持ち上げた音色までをカバーするようです。

CLIP1は、ゲインステージ2段目にあるクリッピングのON/OFFを切り替えるようです。そして、OFFにするとトーンベンダースタイルのクリッピングになるようです。

CLIP2は、3段目のゲインステージにあるクリッピングのようです。そして、OFFにするとオープンなトーンとなるようです。また、どちらのクリッピングもシリコンクリッピングのようです。

まとめ

  • ラウドで生々しく分厚い音色を多彩にトーンシェイピングできるファズ
  • マフタイプの様々なバージョンを最大限に活用し組み合わせて生まれた
  • ダイナミックでオープンなファズからマフスタイル特有のなめらかで分厚いサチュレーションまでカバー
  • 複数のゲインステージがある

Black Arts Toneworksから、ラウドで生々しく分厚い音色を多彩にトーンシェイピングできるファズペダルが出ますね。ファズを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓から購入できます。

Priestessについてはこちらを参照してください。