Epiphone Shinichi Ubukata ES-355 ver.02登場!生形真一モデルのカラーバリエーションを追加したモデル!

Epiphone Shinichi Ubukata ES-355 ver.02

Epiphoneから、生形真一さんのシグネチャーモデル「Shinichi Ubukata ES-355(以下、ver.01)」のカラーバリエーションを増やした「Shinichi Ubukata ES-355 ver.02(以下、ver.01)」が発売されます。

発売予定日は2023年1月下旬のようです。

概要

生形真一さんが愛用するGibson ES-355をベースに、同モデルの仕様群の多くを継承しクオリティを保ちつつ、より高いコストパフォーマンスを実現したモデルがver.01のようです。

そして、2基のGibson ʼ57クラシック、6ポジションのトーン選択が可能なバリトーンスイッチ、Bigsby B70ヴィブラート、エボニー指板、Groverロトマチックチューナーといった本格的な仕様を誇るようです。

ver.02は基本的に同じ仕様のようですが、生形さん監修のもと、新たなカラーバリエーションを追加したようです。

カラー数は、ver.01から採用されているEbonyと新たに追加されたSixties Cherry、Classic White、Olive Drab、Pelham Blueをあわせて全部で5つのようです。

また、スカルマーク入りの専用ハードケースが付属するようです。

まとめ

  • 生形真一シグネチャーモデルのカラーバリエーションを増やした
  • 追加された色はSixties Cherry、Classic White、Olive Drab、Pelham Blue
  • 以前のシグネチャーモデルと基本的に同じ仕様
  • スカルマーク入りの専用ハードケースが付属

Epiphoneから、生形真一さんのシグネチャーモデルのカラーバリエーションを増やしたモデルが出ますね。

以前のシグネチャーモデルが買えなかった人やES-355を探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

ver.02についてはこちらこちらを参照してください。

ECサイトで探す

ver.01ならば、以下のECサイトで探せます。

ver.01を探すならこちら