EpiphoneからMatt Heafyのシグネチャーモデル第3弾が登場

Epiphoneから、TRIVIUMのMatt Heafyのシグネチャーモデル第3弾となる「Matt Heafy Les Paul Custom Origins(以下、6弦モデル)」と「Matt Heafy Les Paul Custom Origins 7-String(以下、7弦モデル)」が発売されます。

Epiphone Matt Heafy Les Paul Custom Origins、Matt Heafy Les Paul Custom Origins 7-String

概要

6弦モデルと7弦モデル共に、ロック式のGrover Rotomaticチューナーやチューリップボタンなどのゴールドハードウェア仕様とクラシックなLes Paul Customの意匠によって、ステージでひときわ目立つモデルとして仕上がっているようです。

そして、ボディカラーは、グロスフィニッシュによるEbonyとBone Whiteの2種類のようです。

また、カスタムハードシェルケースが付属するようです。

ピックアップ

カスタムボイシングが施された2基のFishman Fluenceピックアップが搭載されており、それぞれのピックアップが3種ずつの異なるトーンの選択肢を提供するようです。

また、プッシュプルボリュームとトーンポットによって、サウンドの選択肢を指先で自在にコントロールすることが可能のようです。

フロントピックアップのFishman MKH Fluence Alnicoは、アクティブPUトーンによるモダンで高出力な「Alnico humbuckerサウンド」、「歯切れ良くクリーンで流麗なフロントハムバッカーサウンド」、「耳触りのよいハイファイなシングルコイルサウンド」の3つのバリエーションを提供するようです。

リアピックアップのFishman MKH Fluence Ceramicは、「アクティブPUトーンによるモダンで高出力なセラミックハムバッカーサウンド」、「高出力なパッシブセラミックハムバッカーサウンド」、「切り裂くような鋭さをもつハイゲインのシングルコイルサウンド」の3種のバリエーションを提供するようです。

ボディとネック

ボディトップにメイプルを、ボディバックとネックにマホガニーを採用しているようです。

そして、ボディには、モダンなウェイトリリーフ加工(重量軽減加工)が施されており、長時間の演奏においても快適な演奏性を実現するようです。

また、ネックには演奏性の高いSpeedTaper Dプロファイルが採用され、ハイポジションへのアクセスに優れたコンターヒールが装備されているようです。

▼6弦モデル探すならこちら▼

まとめ

  • Matt Heafyのシグネチャーモデル第3弾
  • ステージでひときわ目立つモデルとして仕上がっている
  • カスタムボイシングが施された2基のFishman Fluenceピックアップを搭載
  • ボディトップにメイプルを、ボディバックとネックにマホガニーを採用

Epiphoneから、TRIVIUMのMatt Heafyのシグネチャーモデル第3弾が出ますね。

ファンの人やLes Paul Customを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

▼6弦モデル探すならこちら▼

6弦モデルについてはこちらを参照してください。
7弦モデルについてはこちらを参照してください。