Fender Player Plusシリーズからエレキとベースの新機種登場

2022年4月12日

FenderのPlayer Plusシリーズから、新モデルのエレキギター「Player Plus Meteora HH」と新モデルのベース「Player Plus Active Meteora Bass」が発売されます。

Fender Player Plus Meteora HH、Player Plus Active Meteora Bass

概要

Player Plus Meteora HHとPlayer Plus Active Meteora Bassは、革新的なデザインとプレイヤーファーストで設計された機能性を融合して生み出されたようです。そして、優れたプレイアビリティと唯一無二のスタイルを兼ね備えているようです。

程よい太さでプレイアビリティが高く、あらゆる演奏スタイルに対応するModern Cネックを採用しているようです。そして、高級感のあるサテンフィニッシュは、とてもスムーズに演奏することができるようです。また、フラットな12インチ指板ラジアスと指板エッジをロール状に加工するロールドフィンガーボードエッジよって、快適な演奏性を実現しているようです。

Player Plus Meteora HHについて

Player Plus Meteora HHは、ボディにAlderを、ネックにメイプルを採用しているようです。そして、ボディカラーは、3-Color Sunburst、Belair Blue、Cosmic Jade、Silverburstの4色のようです。また、3-Color SunburstとSilverburstにはMaple指板を、Belair BlueとCosmic JadeにはPau Ferro指板を採用しているようです。

ピックアップにパワフルなFireball Humbuckingピックアップを搭載することで、明快な各弦の粒立ちと絶妙な歪みをもたらすようです。そして、マスターボリュームに搭載されているS-1スイッチによって、ピックアップをコイルスプリットでき、透き通ったシングルコイルトーンを奏でることが可能のようです。

12インチラジアス指板と22本のミディアムジャンボフレットを採用しており、ソロ演奏の際のスムーズなベンディングプレイに最適なようです。また、優れたイントネーション、サスティーン、チューニングの安定性、トレモロアクションのために、6つのスチールブロックサドルを持つ2点式トレモロブリッジを採用しているようです。そして、ロックチューナーによって、チューニングの安定性を高めると同時に、弦交換を素早く簡単に行うことができるようです。

Player Plus Active Meteora Bassについて

Player Plus Active Meteora Bassは、ボディにAlderを、ネックにメイプルを採用しているようです。そして、ボディカラーは、3-Color Sunburst、Silverburst、Tequila Sunrise、Opal Sparkの4色のようです。また、3-Color SunburstとSilverburstにはMaple指板を、Tequila SunriseとOpal SparkにはPau Ferro指板を採用しているようです。

ピックアップは、クリアな高音域、バランスのとれた中音域、響くような低音域を持ち、レスポンスの良い、クリアで弦と弦の音のバランスの取れたFireball Bass Humbuckingピックアップを搭載しているようです。そして、メリハリのあるパンチとうねるような低音を鳴らすことができるようです。

18Vのアクティブプリアンプを搭載しており、高音域、低音域、中音域のブースト/カットが可能のようです。そして、ミニトグルスイッチで、アクティブ/パッシブモードの切り替えが可能なので、様々な環境に対応するようです。また、背面に設置されたバッテリーボックスは、電池交換を容易にしているようです。

まとめ

  • 優れたプレイアビリティと唯一無二のスタイルを兼ね備えたエレキとベース
  • Modern Cネック、12インチ指板ラジアス、ロールドフィンガーボードエッジを採用
  • Player Plus Meteora HHは
  • Player Plus Active Meteora Bassは

FenderのPlayer Plusシリーズから、新モデルのエレキギターとベースが出ますね。エレキギターとベースを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓から購入できます。

Player Plus Meteora HHについてはこちらを参照してください。
Player Plus Active Meteora Bassについてはこちらを参照してください。