UNTAKE GUITARSのオリジナルジャズマスターCATMASTER登場

2022年4月21日

UNTAKE GUITARS CATMASTER

高円寺のジャズマスター専門店“UNTAKE GUITARS(アンテイクギターズ)”が展開する同名のオリジナルブランドから、オリジナルジャズマスターのCATMASTERが発売されます。


概要

CATMASTERのコンセプトは、いつまでも一緒にいたい「猫のような存在。」で、猫のようにしなやかでありながら機敏、そして癒される甘い鳴き声、でも時には攻撃的というスタイルを目指しているようです。そして、ジャズマスターの持つ独特の響きは残しつつ、現代的な使い方に対応したモデルのようです。

極限まで生鳴りを追求し、ハイ〜ローまで広いレンジをギター本体で作るためにボディ、ネックの厚さや組み込み方、極薄ラッカーの塗装にこだわったようです。さらに、専用のピックアップをオリジナルで開発し、最適なコンデンサーを厳選、ピックガードを真鍮のオリジナルピックガードにすることによって、生鳴りを活かした高音の鈴鳴り感と甘い音を両立させたビンテージサウンドを保ちつつ、モダンな音楽にも対応できるレンジの広さとしなやかな力強さを得ることに成功したようです。

ピックアップ

自社で作成しているオリジナルピックアップは、ギター本体で作った生鳴り感を活かしつつ、ジャズマスターにありがちなリアのキツイ余分な高音を無くし、軽やかでピッキングニュアンスに追従するサウンドを実現したようです。そして、フロントについては音が太すぎて抜けの良くないものが多いのですが、フロントとリアでターン数を調整し、太くて甘く、かつ抜けの良いサウンドとなっているようです。

それぞれのギターの表情に合わせ、コイルのターン数を変えているようです。そして、ピックアップの種類は、鈴鳴り感を感じられるギリギリのターン数まで巻いた力強いピックアップのHot Cat Pickup、心地良いスィートな音が出るターン数として中間に位置するピックアップのMellow Cat Pickup、軽やかさとマイルドさを併せ持つターン数の少ないピックアップのSlow Cat Pickupの3つのようです。

カラー

CATMASTERのカラーは、バーミリオンバーガンディ、オータムスカイブルー、チャコールフロストメタリックの3種類となっており、色だけでなくピックアップの出力も異なっているようです。バーミリオンバーガンディには中間の出力のMellow Cat Pickupが、オータムスカイブルーには出力が低めのSlow Cat Pickupが、チャコールフロストメタリックには出力が高めのHot Cat Pickupが搭載されているようです。

カラーにおける基本的なコンセプトは、極力ラッカー塗装を薄くしてボディ鳴りを活かすこと、弾き込んで傷がつくほど愛着の持てるようなマットな塗装、フェンダーの通常ラインに無い色を目指すことのようです。また、レリック加工については、1本1本のバランスを見ながら処理するものとしないもので分けており、今回はオータムスカイブルーにのみレリック加工をしているようです。しかし、金属パーツについてはそれぞれ表情に合わせてレリック加工をしているようです。

ブラスピックガード

UNTAKEオリジナルブラスピックガードを搭載しているようです。そして、ブラスピックガードを採用した理由は、生鳴りを最大限に追求した事によって懸念されるノイズの軽減効果、コンセプトであるレンジの広さと芯のある甘い音を得るためのようです。実際に、ブラスピックガードを使用することによって、豊かな倍音と音楽的な響きが加わり、最終的なCATMASTERの音と見た目が完成されたようです。

プリセット

プリセットが2ボリュームとなっており、ネック、ブリッジのブレンドサウンドを作ることができるようです。また、両方のボリュームをフルにするとセンターと同じ音ですが、例えば、リアのボリュームを落とすと高音部のキツイ音が軽減され、少し甘い音になるようです。そして、ピックアップのセンターポジションの音は好きだけどもう少しマイルドにしたいという方にとっては、理想的なサウンドを作る事が可能のようです。

ネックとブリッジ

ネックは、ディープCネックと太めのようですが、熟練の職人が1本、1本手作業で丸みを調整しているので、手に馴染みやすく、太さを感じないようです。そして、ネック裏はマットで滑りやすいラッカー塗装なので、ストレスなくポジションの移動を行えるようです。

指板ラディアスは緩やかな300R、フレットは削れにくいジェスカーの背の高いステンレスを使用し、フィンガーリングやチョーキングも軽いタッチでスムーズに弾く事が可能のようです。また、ブリッジはアジャスタブル式のムスタング駒を使うことによって、プレイアビリティとメンテナンス性の向上を図っているようです。

まとめ

  • ジャズマスターの持つ独特の響きは残しつつ現代的な使い方に対応
  • ボディカラーは3種類で、色だけでなくピックアップの出力も異なっている
  • プリセットが2ボリュームとなっている
  • ブリッジはアジャスタブル式のムスタング駒

UNTAKE GUITARSからオリジナルジャズマスターが出ますね。ジャズマスター専門店が作成するモデルなので、とても期待できますね。ジャズマスターが好きな人や探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

他社のジャズマスターならこちら

ジャズマスター

CATMASTERについてはこちらを参照してください。