Fender Tone Master Super Reverb登場!Tone MasterシリーズのSuper Reverb!

2022年1月31日

Fender独自のTone Masterモデリング技術を採用し、アンプの実用性を最大限に引き出す機能を組み合わせたTone Masterシリーズから、Tone Master Super Reverbが発売されます。発売予定日は2021年8月のようです。

概要

Tone Master Super Reverbは、オリジナルのSuper Reverbを正確に再現しているようです。また、軽量で、メンテナンスを必要としないようです。そして、60年代半ばのブラックパネルアンプ回路と4基の10インチスピーカードライバーを組み合わせ、4×10キャビネット特有のふくよかなで厚みのあるサウンド、Jensenスピーカーの煌びやかさ、扱いやすい擬似45W出力パワーを備えているようです。

オリジナルの真空管アンプと区別がつかない、真に迫るリアルなサウンド、簡単に持ち上げることができる軽量設計、会場に合わせてシンプルに調整できるパワー切り替え、IRラインアウト、ステージやレコーディングでの使用に適したミュートスイッチなど、現代的な機能を備えており、ステージ、スタジオ、自宅でも、あらゆる環境でその威力を発揮するようです。

↑のアンプを買うならこちら

まとめ

  • オリジナルのSuper Reverbを正確に再現
  • 60年代半ばのブラックパネルアンプ回路と4基の10インチJensenスピーカーを組み合わせた
  • 扱いやすい擬似45W出力パワーを備えており、会場に合わせてパワー切り替え可能
  • IRラインアウト、ミュートスイッチなど現代的な機能を備えている

FenderのTone MasterシリーズにSuper Reverbを基にしたモデルが出ますね。Super Reverbが好きな人や探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓で価格を比較してみてください。

Tone Master Super Reverbについてはこちらを参照してください。