Gibson 50th Anniversary 1968 Les Paul Custom、Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtop登場!Custom Shopから1968仕様のレスポールカスタムとレスポールゴールドトップが復刻!

2021年9月8日

1968年の夏にそれまで前例のなかった再生産という形で復活したレスポールカスタムレスポールゴールドトップが、1968年から50周年を迎えて、Gibson Custom Shopから「50th Anniversary 1968 Les Paul Custom」、「Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtop」として復刻します。

Gibson 50th Anniversary 1968 Les Paul Custom、Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtop

50th Anniversary 1968 Les Paul Customについて

Gibson 50th Anniversary 1968 Les Paul Custom

1968年のレスポールカスタムは1950年代の仕様とは大きく異なり、メイプルトップ+マホガニーバック、2ハムバッカー、14度ヘッド角といったロックサウンドが確立した時代の潮流にマッチすることから、今でも多くのロックギタリストに愛用されているようです。

50th Anniversary 1968 Les Paul Customは、2ピースメイプルトップ、1ピースマホガニーバック、ソリッドマホガニーネック、エボニー指板という材構成で、ネックや指板はもちろん、トップとバックもハイドグルー接着しているのがポイントのようです。

ピックアップは、元ヒストリックプロダクトマネージャーのエドウィン・ウィルソン氏が在籍時に開発していた68 Custom Humbuckerを2基搭載しているようです。また、専用ケース、記念メダリオン、オリジナルピック、レプリカされたタグとギブソンガゼット誌などコレクタブルな特典が付属されて300本限定での販売となるようです。

最安値1円~のドメイン取得はこちら

Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtopについて

Gibson Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtop

Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtopは、Gibson Custom Shopのスタッフがメインギターとして弾き続けてきた1968年製レスポールを復刻したモデルで、1人のオーナーがこのギターを人生のパートナーとして愛用してきたことに敬意を表し、無数のフィニッシュチェッキングと塗装の傷までを実在器同様にヘヴィーエイジングで再現したようです。そして、ダブルバンドチューナー、14度ヘッドアングル、ミディアムCネックといった1968年の再生産レスポールたらしめる仕様を再現しているようです。

ボディ材は2ピースプレーンメイプルトップ、ライトウェイトソリッドマホガニーバック、ソリッドマホガニーネック、ソリッドローズウッド指板を採用し、オールハイドグルー接着で仕上げているようです。そして、ピックアップは、Custom P-90をマウントしているようです。また、専用ケース、記念メダリオン、オリジナルピック、レプリカされたタグとギブソンガゼット誌などコレクタブルな特典が付属されて68本の限定リリースとなるようです。

格安ドメイン取得はXserverドメイン

まとめ

  • 50th Anniversary 1968 Les Paul Customは1968年仕様のレスポールカスタム
  • 50th Anniversary 1968 Les Paul Customは68 Custom Humbuckerを2基搭載
  • Heavy-Aged 1968 Les Paul GoldtopはCustom Shopスタッフの1968年製レスポールを復刻
  • Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtopは傷などを実在器同様にヘヴィーエイジングで再現

Gibson Custom Shopから、1968年仕様のレスポールカスタムとレスポールゴールドトップが復刻されますね。限定発売なので、レスポールカスタムとレスポールゴールドトップが好きな人は早めに試奏・購入をすることをおすすめします。

50th Anniversary 1968 Les Paul Customについてはこちらを参照してください。
Heavy-Aged 1968 Les Paul Goldtopについてはこちらを参照してください。