Gibson Generation Collection登場!ボディサイドにサウンドホールを搭載したアコギ!

Gibsonから、ボディサイドに第2のサウンドホール”プレイヤー・ポート“を搭載した次世代のアコースティックコレクションのGeneration Collectionが発売されます。ラインナップは、G-00、G-45、G-Writer EC、G-200 ECの4機種のようです。

Gibson Generation Collection

概要

Generation Collectionのギターは、Gibsonのその他のアコースティックギターと同じく、アメリカのモンタナ州ボーズマンにあるGibson工場の熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げているようです。

鮮明で響きの良い音色が特徴で、軽量なため持ちやすく、長時間演奏しても疲れないように設計されているようです。そして、僅かに胴厚を薄くしたボディ、弾き易さを追求したスリムなネック、ウォルナットの単板サイド&バック、シトカスプルースの単板トップ、美しいナチュラルフィニッシュを採用しているようです。また、G-Writer ECとG-200 ECには、ピックアップが搭載されているようです。

↑のギター買うならこちら

プレイヤー・ポート

ボディサイドに搭載されたサウンドホールの”プレイヤー・ポート“ は、Gibsonのアーカイブにある1964年の設計図を元に、Gibsonのクラフツマン達により改良が加えられ誕生したようです。これによって、プレイヤーは自身の奏でるギターの音色をよりはっきりと明瞭にモニターすることが可能になり、これまでにない没入感のあるサウンド体験を実現するようです。

Gibsonではこの新体験を多くのプレイヤーに知ってもらうプロモーションとして、”Hear More of You”(あなたの音に耳を澄ませ。)を全世界のテーマとして展開するようです。

最安値1円~のドメイン取得はこちら

G-00について

Gibson G-00

G-00は、1930年代にGibsonが開発したスモールボディのパーラーアコースティックギターのL-00をベースにしたモデルで、ブルースやフィンガースタイルのギター演奏に最適なモデルのようです。そして、よりコンパクトなサイズにもかかわらず、ふくよかでバランスのとれたサウンドを実現しているようです。また、僅かに胴薄のパーラーサイズのボディは、持ちやすく、弾き心地も抜群のようです。

Gibson G-00買うならこちら

G-45について

Gibson G-45

G-45は、Gibsonで最も売れているアコースティックギターであるJ-45スタイルのボディに、プレイヤー・ポートを搭載したラウンドショルダーのギターのようです。また、ベースとなったJ-45は、あらゆるスタイルやテクニックの演奏に対応できるギターとして、よく働く”馬車馬“に例えて”ワークホース“と呼ばれているようです。

G-45は、エレガントなミディアムボディサイズでありながら、ソフトなサウンドからアグレッシブなサウンドまで驚くほど幅広いサウンドレンジを持っているようです。そして、僅かに胴薄のラウンドショルダーボディの持ちやすさと弾きやすさは抜群のようです。

Gibson G-45買うならこちら

G-Writer ECについて

Gibson G-Writer EC

Gibsonのスクエアショルダーのギターは、ロック、ポップス、フォーク、カントリーなど様々なジャンルのアーティストに、その表現の豊かさにおいて人気の高いギターのようです。そして、G-Writer ECは、スクエアショルダーの中でもSongwriterをベースにしているようです。

力強いラウドなサウンドから、ソフトでスウィートなサウンドまで、幅広いサウンドレンジで、コードをかき鳴らしても、複雑なソロを指で弾いても、どんなスタイルにも対応できる優れたギターのようです。そして、僅かに胴薄のカッタウェイボディを採用しており、演奏性が高く、ハイフレットへのアクセスも容易のようです。

ピックアップには、新開発のLR Baggs Element Bronzeが搭載されているようです。そして、プレイヤーのプライベートな練習環境から聴衆を前にしたステージまで、シーンを選ばずに最高のサウンドを楽しめるようです。

Gibson G-Writer EC買うならこちら

G-200 EC

Gibson G-200 EC

G-200 ECは、スーパージャンボボディのSJ-200(J-200)をベースにしているようです。ベースとなったSJ-200は、Gibsonがカントリー&ウエスタンのシンガーで映画スターのレイ・ホイットリーのためにカスタムオーダーで製作したモデルが最初で、サイズ、音量が大きく、深みのあるフラットトップギターのようです。そして、SJ-200は、瞬く間にカウボーイシンガーなどの定番ギターとなり、その後カントリーミュージックや60年代のフォークスターなど様々なアコースティックギターのジャンルに広がっていったようです。

G-200 ECは、僅かに胴薄カッタウェイジャンボボディで、握り心地が良く、ハイフレットへのアクセスも良好のようです。また、ピックアップには、新開発のLR Baggs Element Bronzeが搭載されているようです。そして、プレイヤーのプライベートな練習環境から聴衆を前にしたステージまで、シーンを選ばずに最高のサウンドを楽しめるようです。

Gibson G-200 EC買うならこちら

まとめ

  • モンタナ州ボーズマンで熟練のクラフツマン達のハンドメイドで仕上げている
  • ボディサイドに第2のサウンドホールのプレイヤー・ポートを搭載
  • ラインナップはG-00、G-45、G-Writer EC、G-200 EC
  • G-Writer ECとG-200 ECにはピックアップを搭載

Gibsonから、ボディサイドに第2のサウンドホールを搭載したアコースティックコレクションが出ますね。Gibsonのアコギやボディサイドにサウンドホールを搭載したアコギを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓で価格を比較してみてください。

Gibson Generation Collectionについてはこちらを参照してください。