サイドキャリーギグバッグのGruvGear GIGBLADE EDGE 2登場

GruvGearから、使いやすさと運びやすさを追求したサイドキャリーギグバッグ「GIGBLADE EDGE 2」が発売されます。ラインナップは、エレキギター用の「GIGBLADE EDGE 2 – EG」、ベース用の「GIGBLADE EDGE 2 – EB」、リュックスタイルにするためのストラップ「EDGE 2 – SS」のようです。

概要

GIGBLADE EDGE 2は、サイドキャリー方式を採用する事によって、人間工学に基づく低重心を実現したようです。そして、重さを軽く感じ、より安定した運搬が可能のようです。また、出入り口を通る際などにケースの上部をぶつける可能性を減らすようです。

バッグを閉めると自動的に楽器を動き難くする独自の「陰-陽」ネック固定ブロックを採用しているようです。また、チューナーやスペア弦などが入る小物用ポケットと楽譜や15インチラップトップが収納可能なポケットを備えているようです。

GIGBLADE EDGE 2 – EGについて

GIGBLADE EDGE 2 – EGは、外側の全長が113cm、下部の幅が43.1cmのようです。そして、内側の全長が110.4cm、下部の幅が40.6cmのようです。また、重さは1.7Kgで、色はBLK(Black)のみのようです。

GIGBLADE EDGE 2 – EBについて

GIGBLADE EDGE 2 – EBは、外側の全長が124.4cm、下部の幅が43.1cmのようです。そして、内側の全長が123.1cm、下部の幅が40.6cmのようです。また、重さは1.8Kgで、色はBLK(Black)のみのようです。

EDGE 2 – SSについて

EDGE 2 – SSは、GIGBLADE EDGE 2 – EGとGIGBLADE EDGE 2 – EBに加える事ができるストラップのようです。そして、これを加える事で、リュックスタイルでの使用が可能になるようです。

まとめ

  • 使いやすさと運びやすさを追求したサイドキャリーギグバッグ
  • 重さを軽く感じ、より安定した運搬が可能
  • バッグを閉めると自動的に楽器を動き難くする独自の「陰-陽」ネック固定ブロックを採用
  • 小物用ポケットと楽譜や15インチラップトップが収納可能なポケットを備えている

GruvGearから、使いやすさと運びやすさを追求したサイドキャリーギグバッグが出ますね。ギグバッグを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓から購入できます。

GIGBLADE EDGE 2についてはこちらを参照してください。