IK Multimedia iRig Micro Amp登場!さまざまな機能を搭載したバッテリー駆動のコンパクトなアンプ!

2022年9月22日

IK Multimedia iRig Micro Amp

IK Multimediaから、さまざまな機能を搭載したバッテリー駆動のコンパクトなアンプの「iRig Micro Amp」が発売されます。

概要

iRig Micro Ampは、クリーン、ドライブ、リードの3つのチャンネルを搭載し、大きさからは想像もできないパワフルな15W出力仕様のようです。

さらに、バンドルされているiOS用アプリ、AmpliTube CSの10種のアンプと26種のストンプモデル、Mac/PC用AmpliTube 4の9種のアンプと10種のストンプボックスを使用して演奏できるようです。

そして、お気に入りのアプリやソフトウェアと組み合わせて使用できるので、好きな曲やバッキングトラックに合わせて練習したり、自作曲のレコーディングも簡単に行えるようです。

パワー

iRig Micro Ampは、電源接続時に15W、単三乾電池6本でも7.5W出力のようです。

そして、4インチのカスタムボイススピーカーは、2倍のサイズのアンプと同等のパワーと音量を誇るようです。

そのため、自宅デスクでの小音量の演奏から友人とのセッションや路上での大音量での演奏にまで対応できるあらゆる用途に最適なアンプのようです。

3つのアナログチャンネル

クリーン、ドライブ、リードの3つのアナログチャンネルは、業界標準のアンプシミュレーターAmpliTube譲りのリッチで暖かみのあるサウンドのようです。

そして、ゲイン、ロー、ミッド、ハイの4つのトーンコントロールによって、望み通りのサウンドを簡単に得ることができるようです。

入出力

4オームのキャビネット出力を備えているので、より大きな音量やスピーカーが必要な場合にも対応でき、スタジオでのバンド練習にも活用できるようです。

また、AUX入力を使用すれば、MP3プレイヤーなどのアナログ入力に合わせて演奏ができるようです。

さらに、ヘッドフォン出力も搭載しているので、自宅での個人練習にも利用できるようです。

iPhone、iPad、Mac/PCに接続

概要

iPhone、iPad、Mac/PCに接続してギターサウンドを処理したり録音したりしながら搭載されている4インチスピーカーを鳴らすことができるようです。

そして、iOS、Mac/PCとの接続にはiRig HD 2の高品位なユニットが採用され、24-bit、96kHzのサウンドクオリティを実現しているようです。

また、iRig Micro Ampをバンドルされているソフトウェアと組み合わせるとこれまでの練習用アンプでは得ることのできなかった幅広い音色が得られるようです。

AmpliTube

iPhone、iPad用のAmpliTube CSアプリでは、10種のアンプと26種のストンプエフェクトをアンロックできるようです。

そして、Mac/PC用ソフトウェアのAmpliTube 4では、9種のアンプと10種のストンプエフェクトを使用できるようです。

さらに、アンプやストンプエフェクトは、280種を超える膨大なギアから欲しいものだけをアラカルトで追加購入することもでき、FenderやOrangeやMesa-Boogieといった著名ブランド公認のギアからSlashやJimi HendrixやパンテラのDimebag Darrellといったギターヒーローが実際に使用していたギアまで、豊富なモデリングが用意されているようです。

AmpliTube以外

AmpliTube以外にもさまざまなアプリやソフトウェアと組み合わせて使用することができ、新しいフレーズの練習をしたり、テクニックを磨いたり、お気に入りの楽曲と合わせて演奏したりすることがデバイスに接続するだけで簡単に行えるようです。

そして、iRig Micro Ampを使えば、録音さえも簡単に行うことができ、GarageBandのようなアプリを使用すれば、アイディアメモからフルトラックに至るまでモバイルデバイスに記録することができるようです。

さらに、LogicやPro ToolsをはじめとするさまざまなプロフェッショナルDAWソフトウェアでも使用できるので、iRig Micro Ampでいつでもどこでも本格的なレコーディングを行うこともできるようです。

まとめ

  • さまざまな機能を搭載したバッテリー駆動のコンパクトなアンプ
  • 2倍のサイズのアンプと同等のパワーと音量を誇る
  • AmpliTube譲りのリッチで暖かみのあるサウンド
  • iPhone、iPad、Mac/PCに接続してギターサウンドを処理したり録音したりできる

IK Multimediaからさまざまな機能を搭載したバッテリー駆動のコンパクトなアンプが出ますね。

アンプを探している人やiPhone、iPad、Mac/PCを持っている人は、検討してみてはいかがでしょうか。

iRig Micro Ampについてはこちらこちらを参照してください。