James J-900/C、J-700/C、J-300CP/S、J-300CP/M登場!新モデルのエレアコ!

James J-900/C、J-700/C、J-300CP/S、J-300CP/M

島村楽器のオリジナルブランドJamesから、新モデルのエレアコが発売されます。

今回発売されるのは、「J-900/C」、「J-700/C」、「J-300CP/S」、「J-300CP/M」のようです。

J-900/Cについて

James J-900/C

概要

J-900/Cは、豊かな響きを得られるように全てのボディ材に単板を使用したワンランク上の豊かな鳴りが魅力の本格派ギターのようです。

そして、サイドとバックにマホガニーを使ったギターならではの温もりあるサウンドで、生音だけでなくアンプを使ったステージ演奏や、ライン出力によるレコーディングまで幅広く対応可能しているようです。

また、クッション性とデザイン性に優れた専用の高品質ギグバッグが付属し、肩や腰への負担が少ないため持ち運びが苦にならず、どこへでも持ち出したくなるケースのようです。

さらに、保証期間は3年間で、万一の楽器トラブルの際も全国の島村楽器でサポートを受けられ、長く安心して使用できるようです。

ボディ

流麗なボディラインとともにオリジナルデザインのカッタウェイが存在感を放ち、ギターソロなどに役立つようです。

そして、大きめのボディサイズながら、厚みに関してはラージサイズとスモールサイズの中間程度にすることで、座奏・立奏時ともに取り回しが良く、高い演奏性を発揮するようです。

また、ボディカラーは、NAT(Natural)のみのようです。

ネック関連

ネックはやや細めで握りやすく、弦高は低めで弾きやすい設計になっているようです。

そして、ジョイント部にカーボン製サポートロッドを埋め込み、ネックの耐久性を向上しているようです。

これによって、反りに強く、安定性も高いため調整もしやすくなっています。

また、フレットの両端を丸めた「ラウンドエッジ・フレット」を採用し、スムーズなフィンガリングが上達をサポートするようです。

テック・ブラック

指板とブリッジに新素材の「テック・ブラック」を採用しており、湿度などの影響を受けにくくなっているようです。

また、この素材はエボニー材に似た特性をもつため、落ち着いた色合いとクリアな音質をもたらすようです。

ピックアップ

ピックアップは、L.R.Baggs製のElement VTCを搭載しているようです。

これは、アコースティックギターの繊細なニュアンスを拾い、かつダイナミックな表現が可能なようです。

J-900/C探すならこちら

J-700/Cについて

James J-700/C

概要

J-700/Cは、アコースティックギター本来の豊かな響きを得られるように、ボディトップにはシトカスプルース単板を、サイドとバックには見た目の美しさとタイトなトーンを併せ持つパーフェロー合板を使用しているようです。

そして、搭載したピックアップは、アンプ無しでもリバーブ、コーラス、ディレイのエフェクトを適用可能で、自宅での練習からマイク1本での配信まで、楽しみの幅が広がるようです。

また、クッション性とデザイン性に優れた専用の高品質ギグバッグが付属し、肩や腰への負担が少ないため持ち運びが苦にならず、どこへでも持ち出したくなるケースのようです。

さらに、保証期間は3年間で、万一の楽器トラブルの際も全国の島村楽器でサポートを受けられ、長く安心して使用できるようです。

ボディ

流麗なボディラインとともにオリジナルデザインのカッタウェイが存在感を放ち、ギターソロなどに役立つようです。

そして、大きめのボディサイズながら、厚みに関してはラージサイズとスモールサイズの中間程度にすることで、座奏・立奏時ともに取り回しが良く、高い演奏性を発揮するようです。

また、ボディカラーは、NAT(Natural)のみのようです。

ネック関連

ネックはやや細めで握りやすく、弦高は低めで弾きやすい設計になっているようです。

そして、ジョイント部にカーボン製サポートロッドを埋め込み、ネックの耐久性を向上しているようです。

これによって、反りに強く、安定性も高いため調整もしやすくなっています。

また、フレットの両端を丸めた「ラウンドエッジ・フレット」を採用し、スムーズなフィンガリングが上達をサポートするようです。

テック・ブラック

指板とブリッジに新素材の「テック・ブラック」を採用しており、湿度などの影響を受けにくくなっているようです。

また、この素材はエボニー材に似た特性をもつため、落ち着いた色合いとクリアな音質をもたらすようです。

ピックアップ

リバーブ/コーラス/ディレイのエフェクトを兼ね揃えたピックアップシステムのJames Duo Tone/FXを搭載しているようです。

そして、エフェクトは、アンプに繋がなくても楽しむことができるようです。

また、ピエゾとマイクをミックスして自然なサウンドを生み出すようです。

さらに、チューナーも備えているようです。

J-300CP/Sについて

James J-300CP/S

概要

J-300CP/Sは、一回りから二回り程度小さく、持ち運びに便利で、小柄な人でも扱いやすいギターのようです。

そして、ナット幅は一般的な42mm幅のままとし、弾きやすさにも配慮したようです。

また、クッション性とデザイン性に優れた専用の高品質ギグバッグが付属し、肩や腰への負担が少ないため持ち運びが苦にならず、どこへでも持ち出したくなるケースのようです。

ボディ

ボディトップにはシトカスプルースの単板を、サイドとバックにはマホガニーの合板を採用し、中低音の豊かな響きと温もりあるサウンドに仕立てたようです。

そして、6弦側ボディサイドに設けられた2番目のサウンドホールの「サイドホール」とアーチ状に仕上げたバック構造によって、深みのある低域と広がりのある響きを生み出すようです。

さらに、一般的なアコースティックギターよりも短い597㎜スケールで設計し、ボディもダウンサイジングしており、小柄な人や手の小さい人でも取り扱いやすいギターであるとともに、マイルームからアウトドアやステージの上まで、いつでもどこでもいっしょにいたくなるようなギターのようです。

また、木目の質感を生かしたマットな艶消し塗装を採用し、ボディカラーはNAT(Natural)のみのようです。

ネック関連

ネックはやや細めで握りやすい形状ながらも反りに強く、安定性・耐久性に優れるようです。

また、フレットの両端を丸めた「ラウンドエッジ・フレット」を採用し、スムーズなフィンガリングが上達をサポートするようです。

テック・ブラック

指板とブリッジに新素材の「テック・ブラック」を採用しており、湿度などの影響を受けにくくなっているようです。

また、この素材はエボニー材に似た特性をもつため、落ち着いた色合いとクリアな音質をもたらすようです。

ピックアップ

リバーブ/コーラス/ディレイのエフェクトを兼ね揃えたピックアップシステムのJames Duo Tone/FXを搭載しているようです。

そして、エフェクトは、アンプに繋がなくても楽しむことができるようです。

また、ピエゾとマイクをミックスして自然なサウンドを生み出すようです。

さらに、チューナーも備えているようです。

J-300CP/Mについて

James J-300CP/M

J-300CP/Mは、J-300CP/Sのオールマホガニーバージョンのようです。

そして、ボディトップにマホガニー単板を使用し、独特のルックスと生音の響きにこだわった本格的なサウンドが楽しめるようです。

また、木目の質感を生かしたマットな艶消し塗装を採用し、ボディカラーは、NAM(Natural Mahogany)とBKM(Black Mahogany)の2色のようです。

まとめ

  • J-900/Cは全てのボディ材に単板を使用
  • J-700/Cはトップにシトカスプルース単板、サイドとバックにパーフェロー合板を使用
  • J-300CP/Sは一回りから二回り程度小さく持ち運びに便利なギター
  • J-300CP/MはJ-300CP/Sのオールマホガニーバージョン

Jamesから、新モデルのエレアコが出ますね。

エレアコを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

紹介した製品の一覧

J-900/Cについてはこちらを参照してください。
J-700/Cについてはこちらを参照してください。
J-300CP/Sについてはこちらを参照してください。
J-300CP/Mについてはこちらを参照してください。