MORRIS ME-91、ME-101、FE-91、FE-101登場!HAND MADE PREMIUMシリーズの新モデル!

各工程のスペシャリスト数人が各々の技術を集結して完成させたプレミアムなハイクオリティギターであり、メイドインジャパンギターのフラッグシップであるMORRISのHAND MADE PREMIUMシリーズから、「ME-91」、「ME-101」、「FE-91」、「FE-101」の4モデルが発売されます。

MORRIS ME-91、ME-101、FE-91、FE-101
左からME-91、ME-101、FE-91、FE-101

概要

4モデル共に、トップにフォワードシフトテッドXブレイシングを、バックにラダーブレイシングを採用しているようです。

そして、ナットとサドルにグラフテック製TUSQを用いることで、MORRISの特徴ともいえる、きらびやかな音色と美しいサスティーンが魅力的なモデルとなっているようです。

また、繊細なアルペジオから力強いストロークまで、ジャンルを選ばない表現力豊かなギターのようです。

サイズ

ME-91とME-101は、ギター全長1,035mm、弦長645mm、ボディ全長507mm、ボディ幅(上部)298mm、ボディ幅(下部)400mm、ボディ厚(上部・ネックジョイント付近)100mm、ボディ厚(下部・エンドピン付近)125mm、ボディ最小幅277mmのドレッドノートタイプのようです。

また、FE-91とFE-101は、ギター全長993mm、弦長630mm、ボディ全長473mm、ボディ幅(上部)280mm、ボディ幅(下部)384mm、ボディ厚(上部・ネックジョイント付近)100mm、ボディ厚(下部・エンドピン付近)113mm、ボディ最小幅242mmの000タイプのようです。

ボディ材

ME-91とFE-91は、トップにアメリカンシダー単板を、にアフリカンマホガニー単板を使用し、中音域における表現力の豊かさが特徴のようです。

また、ME-101とFE-101は、トップにシトカスプルース単板を、サイドとバックにインディアンローズウッド単板を使用し、シャープかつリッチな低音が特徴のようです。

▼上記のギター探すならこちら▼

まとめ

  • MORRIS HAND MADE PREMIUMシリーズの新モデル
  • トップにフォワードシフトテッドXブレイシングを、バックにラダーブレイシングを採用
  • ナットとサドルにグラフテック製TUSQを採用
  • 繊細なアルペジオから力強いストロークまで、ジャンルを選ばない表現力豊かなギター

MORRISのHAND MADE PREMIUMシリーズから、新たに4モデルが出ますね。

アコギを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

▼紹介したギター探すならここ▼

ME-91についてはこちらを参照してください。
ME-101についてはこちらを参照してください。
FE-91についてはこちらを参照してください。
FE-101についてはこちらを参照してください。