Grand Theaterの新モデルTaylor GT 811e、GT K21e登場

取り回しのよいコンパクトボディでありながらフルサイズのギターのような豊かなトーンを持つTaylorのGrand Theater(以下GT)に、GT 811eとGT K21eが追加されます。

Grand Theater(GT)について

GTのボディスタイルは、Grand Orchestra(GO)をダウンサイジングしたデザインで、スケールはミニギターのGS MiniGrand Concert(GC)の中間にあたる24-1/8インチ(612.8mm)を採用しているようです。そして、GTが独自に採用している”C-Classブレーシング”は、V-Classブレーシングの発想をさらに発展させた左右非対称(asymmetrical, cantilevered design)のデザインで、V-Classブレーシングと同様にボリューム・サステインの強化はもちろん、コンパクトボディ・短スケールでは表現しにくい低音域を強調しているようです。

GT 811eについて

GT 811eは、レンジが広く、きらびやかな高音域と豊かな低音域が特徴のシトカスプルースとインディアンローズウッドの組み合わせに、800シリーズと同様の4.5milの極薄グロス塗装、800シリーズに準じた装飾を備えているようです。また、ケースは軽量ながら頑丈なAerocaseが付属するようです。

Taylor Guitars ( テイラー ) / GT811e

GT K21eについて

GT K21eは、ハワイアンコア独特のパンチの効いたミッドレンジとクリアな高音、心地よい甘いサウンドを持ち、スプリングヴァインインレイ、Gotoh 510ペグなどKoaシリーズに準じた装飾を備えているようです。また、ケースは軽量ながら頑丈なAerocaseが付属するようです。

まとめ

  • GTはGrand Orchestraをダウンサイジングしたデザインでスケールは24-1/8インチ
  • GT 811eはシトカスプルースとインディアンローズウッドの組み合わせに800シリーズと同様の塗装と装飾
  • GT K21eはハワイアンコアのパンチの効いたミッドレンジとクリアな高音とKoaシリーズに準じた装飾

TaylorのGTにGT 811eとGT K21eが追加されますね。Taylorのギターが好きな人や探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

ギター習うならJAM音楽教室で!
JAM音楽教室
JAM音楽教室

GT 811e、GT K21eについてはこちらを参照してください。