YAMAHA FGC-TA、FSC-TA登場!トランスアコースティックギターのカッタウェイモデル!

2022年3月3日

YAMAHAから、ギターの内部にアクチュエーター(加振器)を搭載することによって、アンプを使わずにリバーブやコーラスといったエフェクトをギターの生音に付加することができるトランスアコースティックギターの新製品の「FGC-TA」と「FSC-TA」が発売されます。発売予定日は2022年2月19日(土)のようです。

YAMAHA FGC-TA、FSC-TA

概要

トランスアコースティックギターは、デジタル技術を使った機能を持ちながら発音はアコースティック楽器と同じ方式で行うヤマハ独自の技術「TransAcoustic」を搭載したアコースティックギターのようです。その最大の特長は、エフェクターやアンプ、スピーカーを用いずに、ギター本体だけでリバーブとコーラスをかけた演奏ができることのようです。そして、生音とエフェクト音が一体となってギター全体で響くことで、自然かつライブハウスで弾いているような心地よい響きを得られるようです。

FGC-TAとFSC-TAは、フォークギターの定番モデルとして人気が高い「FG/FS シリーズ」をベースとしたカッタウェイモデルのようです。そして、ボディに近いハイポジションでのアドリブやソロプレイの幅が広がり、より高い演奏性を実現したようです。

FGC-TAについて

YAMAHA FGC-TA

FGC-TAは、トラッドウェスタンカッタウェイボディのギターのようです。そして、表板にスプルース単板を、裏板と側にマホガニーを、ネックにナトーを、指板にローズウッドを採用しているようです。さらに、スキャロップブレイシングによって、リッチで豊かな響きがするようです。また、ボディカラーは、BL(ブラック)、BS(ブラウンサンバースト)、VT(ヴィンテージティント)の3色のようです。

FSC-TAについて

YAMAHA FSC-TA

FSC-TAは、コンサートカッタウェイボディのギターのようです。そして、表板にスプルース単板を、裏板と側にマホガニーを、ネックにナトーを、指板にローズウッドを採用しているようです。さらに、スキャロップブレイシングによって、リッチで豊かな響きがするようです。また、ボディカラーは、BS(ブラウンサンバースト)、RR(ルビーレッド)、VT(ヴィンテージティント)の3色のようです。

まとめ

  • トランスアコースティックギターのカッタウェイモデル
  • FG/FSシリーズがベース
  • FGC-TAはトラッドウェスタンカッタウェイボディ
  • FSC-TAはコンサートカッタウェイボディ

YAMAHAから、トランスアコースティックギターのカッタウェイモデルが出ますね。トランスアコースティックギターやカッタウェイ付きのアコギを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓で価格を比較してみてください。

FGC-TAとFSC-TAについてはこちらを参照してください。