所有ギター紹介 Aria Dreadnought AF-25

2022年6月21日

今日は、僕が初めて買ったギターを紹介します。Aria DreadnoughtのAF-25です。(2本目についてはこちら、3本目についてはこちら、4本目についてはこちら、5本目についてはこちら、6本目についてはこちら)

Aria Dreadnought AF-25

概要

このギターは、2008年の2月に初心者セット付きのものを20,000円で購入しました(現在は生産中止)。

ギターの数が増えた現在でも、たまにこのギターを弾いています。

トップの木が単版のスプルースで、サイド・バックの木が合板のマホガニーです。

そして、弦長が実測で650mmです。000タイプ(弦長が長いからOMタイプかな?)のギターなので、ドレッドノートタイプドレッドノートタイプのような低音はありません。

しかし、低音が少ないことによって、指弾きやカッティングにマッチします。

最近は、カッティングを使うことが多いので、このギターを弾いていて楽しいです。

音とは関係ありませんが、マーティンっぽいヘッドとロゴがこのギターのお気に入りのポイントです。(^^)

まとめ

  • トップが単版スプルース、サイド・バックが合板マホガニー
  • 弦長が実測で650mm
  • 低音が少ないことによって、指弾きやカッティングにマッチ

初めて買ったギターなので、付き合いが長いです。

そして、値段の割には鳴りが良いと感じます。

また、アコギに関しては、このギターが基準の1つになっています。

もしも、中古品を見かけたらダメ元で試奏してみてください。