KATANASOUND ONE Booster “ 壱 ” HUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited Edition登場

2021年4月20日

概要

たった1人の製作者によって生み出されるエフェクターブランドKATANASOUNDから、ONE Booster “ 壱 ”と期間限定受注生産(受注期間は2018年7月31日まで)のHUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited Editionが発売されます。

KATANASOUNDのエフェクター買うなら楽天で!

ONE Booster “ 壱 ”について

ONE Booster “ 壱 ”は、エレクトリックギターに限らず、ベースやアコースティックギターなどあらゆる弦楽器においても音楽的な広がりを損なわず、音像が際立って聴こえるフルレンジブースターのようです。また、HUMSTER Ultimateと同じオペアンプを使用して、コンパクトながらもその特徴を凝縮しているようです。

ACアダプター専用の製品も多い中、ONE Booster “ 壱 ”はバッテリー駆動を実現しているようです。また、+18dBまでブーストできるGAINコントロールはローノイズでナチュラルに原音を持ち上げることができ、スタジオやライブハウスで元気のないアンプに出会った時にきっと役に立つとのことです。

ONE Booster “ 壱 ”買うなら楽天で!

HUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited Editionについて

HUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited Editionは、KATANASOUNDの前身ブランドmt’Labの20周年を記念した限定受注生産モデルで、プリント基板やタグボードを一切使わずに可能な限り部品同士の結合による完全なポイントトゥポイントで組み上げられているようです。このアッセンブルによって、HUMSTERの完成形として作り上げたHUMSTER Ultimateから更に異次元のドライブを実現したようです。

オペアンプの取り付けもプリント基板を排除するため、真空管で使用するMT9ピンソケットに適合するアダプターを自作し、カップリングコンデンサにはツイードアンプのリプレイスメントコンデンサとして定評のあるJupiter Condenser Red Astronを使用しているようです。そして、回路はHUMSTER Ultimateを基にDRIVEおよびTONEコントロールの可変域を絞ってこのパーツ構成を最大限に発揮できるようにチューニングされているようです。

HUMSTER Ultimate同様、ギター・ベースどちらにおいても十分な性能を発揮しますが、特にシングルコイルPUのギターやパッシブタイプのベースでは、中音域の弦の鳴りが心地よく響いてアンサンブルでも埋もれない存在感を感じられるようです。

まとめ

  • ONE Booster “ 壱 ”はミニサイズのフルレンジブースター
  • HUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited EditionはKATANASOUNDの前身ブランドmt’Labの20周年を記念した限定受注生産モデル
  • HUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited Editionは完全なポイントトゥポイントで組み上げられている

KATANASOUNDから2機種もエフェクターが登場しますね。どちらのエフェクターも音が良さそうです。HUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited Editionについては受注期間が2018年7月31日までなので、欲しい人は早めに購入することをおすすめします。

ONE Booster “ 壱 ”とHUMSTER mt’Lab 20th Anniversary Limited Editionについてはこちらを参照してください。