Ibanez NTS Nu Tubescreamerを試奏しました

2021年7月8日

昨日、楽器屋でIbanezのNTS Nu Tubescreamer(以下NTS)を試奏しました。試奏時は、NTSとTS808を比較しました。接続順はTL-52(マイギター)→NTS→TS808→Roland JC-40(アンプ)です。

MIXツマミ

NTSのコントロールツマミは、DRIVE、TONE、LEVEL、MIXの4つです。DRIVEは歪み量の調整、TONEは音質の調整、LEVELは音量の調整、MIXは歪みとクリーンのミックスバランスの調整です。TS808と比べてMIXツマミが増えています。

MIXツマミを調整することによって、NTSはTS808とDRIVEツマミの位置を同じにしてもクリアな音になったり、より歪んだりします。そして、MIXツマミを左に回すとクリーン音の割合が増えてクリアな音になります。また、MIXツマミを右に回すと歪んだ音の割合が増えてゲインが増えます。MIXツマミが追加されたことによって、NTSはTS808よりも音作りの幅が広いと感じました。しかし、MIXツマミが小さくて回しにくかったのが不満でした。

その他の違い

NTSとTS808のLEVELツマミの位置が同じ場合、NTSの方が音量が大きかったです。そして、TONEの効きはNTSとTS808で違いは無いように感じました。また、NTSのインジゲーターはTS808よりは明るかったですが、BOSSのエフェクターよりも見にくく感じました。

まとめ

  • MIXツマミにより、NTSとTS808のDRIVEの位置を同じにしてもクリアな音になったり、より歪んだりする
  • NTSとTS808のLEVELツマミの位置が同じ場合、NTSの方が音量が大きかった
  • TONEの効きはNTSとTS808で違いは無いように感じた
  • NTSのインジゲーターはTS808よりは明るいが、BOSSのエフェクターよりは見にくい

NTSはTS808と比べて違うところもありますが、その音は間違いなくチューブスクリーマーです。僕は、TS808よりもNTSの方が使いやすいと思いました。しかし、値段が高いことやチューブスクリーマーはすでにMAXONのOD9(IbanezのTS9と基本は一緒)を所有していることもあって購入しませんでした。もしも、OD9を持っていなかったら購入していたと思います。NTSは、チューブスクリーマーが欲しいお金に余裕がある人におすすめのエフェクターだと思います。

↓で価格を比較してみてください。

NTSについてはこちらを参照してください。