VOXからBrian Mayのシグネチャー小型アンプが登場

2023年5月3日

VOX amPlug Set Brian May Limited Edition、MV50 Set Brian May Limited Edition

VOXから、Brian Mayのシグネチャー小型アンプが発売されます。

今回発売されるのは「amPlug Brian May」、「amPlug Set Brian May Limited Edition」、「MV50 Brian May」、「MV50 Set Brian May Limited Edition」のようです。

amPlug Brian Mayについて

amPlug Brian Mayは、Brian MayとVOXが共同で開発し、クラシックなAC30のサウンドをモデル化したヘッドフォンギターアンプで、彼のサウンドを瞬時に再現するトレブルブースターを搭載しているようです。

そして、ゲイン・トーン・ボリュームというシンプルなコントロール、Brian Mayのギター「Red Special」をモチーフにしたビジュアルデザイン、あらゆるギターに接続可能な折りたたみ式のジャック機構を採用しているようです。

さらに、トレブルブースターと併用可能な3種類のオンボードエフェクト(タップテンポ付きステレオディレイ、フェイザー、コーラス)、「We will Rock You」のハンドクラップのオリジナルスタジオオーディオサンプルを含むリズムパターンを搭載しているようです。

また、単4乾電池2本で駆動し、最大16時間(アルカリ乾電池使用/FXまたはRHYTHMオフ時)の電池寿命によって、一晩中演奏することができるようです。

amPlug Set Brian May Limited Editionについて

amPlug Set Brian May Limited Editionは、限定版の特別コレクターズセットのようです。

そして、amPlug Brian May、お揃いのキャビネット、キーホルダー、ポストカードがセットになっているようです。

また、amPlug Brian Mayとキャビネットを標準的なジャックケーブルで接続することで、ミニハーフスタックとしてセットアップすることができるようです。

紹介したセットを探す

MV50 Brian Mayについて

MV50 Brian Mayは、MV50の回路とVOX AC30のトーンをベースに、KAT(Knight Audio Technologies)トレブルブースターを追加し、オン/オフを切り替えることで、誰もが瞬時に認識できるBrian Mayのトーンを実現することが可能なようです。

そして、フロントパネルに配したゲイン、トーン、ボリュームという洗練されたコントロールに加え、フラット(大型のキャビネットに最適)とディープ(小型キャビネットでもディープなトーンを得るのに最適)を切り替え可能なEQスイッチを搭載しているようです。

また、50W(4Ω時)の出力を持ち、小型ながらも大きなパンチがあり、ライブやリハーサル、自宅練習に最適で、ヘッドフォン/ラインアウトにはキャビネットシミュレーションを搭載しているため、MV50 Brian Mayから直接録音することができるようです。

さらに、目を引く赤い筐体は、Brian Mayのトレードマークでもある伝説的なギター「Red Special」を視覚的に表現し、フロントはVOXの真髄であるダイヤモンドパターンのクロスで仕上げられており、Brian Mayのサインを添えることで、彼の名を冠したアンプに対する彼の公認であることを表しているようです。

MV50 Set Brian May Limited Editionについて

VOX MV50 Set Brian May Limited Edition

MV50 Set Brian May Limited Editionは、限定版の特別コレクターズセットで、MV50 Brian May、マッチングスピーカーキャビネット、キーホルダー、ポストカードがセットになっているようです。

そして、MV50 Brian Mayとマッチングするスピーカーキャビネットを組み合わせると25W(8Ω時)の出力を実現し、小型ながら大きなパンチを発揮するようです。

また、ヘッドが540g、キャビネットが3.9kgとギタリストにとって軽量なセットアップのひとつであり、Brian Mayがステージで使用しているAC30よりもはるかに軽量なため、彼の象徴的なトーンをどこへでも持ち運ぶことができるようです。

さらに、アンプとキャビネットの目を引く赤い筐体は、Brian Mayのトレードマークでもある伝説的なギター「Red Special」を視覚的に表現し、アンプのフロントとキャビネットのネットは、VOXの真髄であるダイヤモンドパターンのクロスで仕上げられており、Brian Mayのサインを添えることで、彼の名を冠したアンプに対する彼の公認であることを表しているようです。

まとめ

  • amPlug Brian MayはBrian MayとVOXが共同で開発したヘッドフォンギターアンプ
  • amPlug Set Brian May Limited Editionは、amPlug Brian May、お揃いのキャビネット、キーホルダー、ポストカードのセット
  • MV50 Brian MayはMV50の回路とVOX AC30のトーンをベースにKATトレブルブースターを追加
  • MV50 Set Brian May Limited Editionは、MV50 Brian May、マッチングスピーカーキャビネット、キーホルダー、ポストカードのセット

VOXから、Brian Mayのシグネチャー小型アンプが出ますね。

ファンの人や小型アンプを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

今回発売されるシグネチャーアンプについてはこちらを参照してください。