Walrus Audio SLARP REVERB & DELAY ~LIMITED EDITION~登場!SlöとARP-87を1つの筐体に収めたペダル!

Walrus Audioから、独創的なマルチテキスチャーリバーブの"Slö”と高性能・高音質なディレイの”ARP-87”が1つの筐体に収められた「SLARP REVERB & DELAY ~LIMITED EDITION~(以下、SLARP)」が、数量限定で発売されます。

発売予定日は、2022年5月28日のようです。

概要

SLARPは、人気のリバーブとディレイの組み合わせによって、幻想的なサウンドを作り出せるようです。

また、9VDCセンターマイナスアダプターで駆動し、電池は使用できないようです。

▼SLARP探すならこちら。

Slöについて

Walrus Audio SloWalrus Audio Slo

Slöは、3種類の異なるリバーブアルゴリズムを備え、プレイヤーの潜在意識下の夢の中のサウンドを現実に具現化するようです。

そして、トグルスイッチで以下の3種類のリバーブモードの切り替えが可能のようです。

  • Dark:リバーブトレイルに1オクターブ下を加える
  • Rise:美しい映画のようなスウェル効果
  • Dream:ラッチングパッド機能を備えた青々しいリバーブサウンド

また、スイッチのセカンダリーファンクションとしてリバーブテイルのモジュレーションの波形を選択可能のようです。

さらに、多様なコントロールノブを使って多種多様なリバーブサウンドを作りだせるようです。

ARP-87について

Walrus Audio ARP-87Walrus Audio ARP-87

ARP-87は、コンパクトで多機能なディレイで、スマートバイパススイッチやモメンタリーノブランプ機能も備えているようです。

そして、デジタル、アナログ、ローファイ、スラップバックの4種類のメインアルゴリズムを備えており、エコーの世界的水準をカバーするようです。

デジタルアルゴリズムでは、リズミックなリフにぴったりなクリアなリピートを行うようです。

アナログセッティングでは、コードや単音プレイの芯を残しつつもウォームさと広がりが加わるようです。

ローファイアルゴリズムでは、リピートの周波数レンジをコントロールできるため、ウォーム、歪み、濁り、そして小型AMラジオ風までカバーするようです。

スラップセッティングでは、チキンピッキングスタイルにパーフェクトなスラップバックエコーを演出するようです。

まとめ

  • SlöとARP-87が1つの筐体に収められたペダル
  • 幻想的なサウンドを作りだす
  • SlöはSlöは独創的なマルチテキスチャーリバーブ
  • ARP-87はコンパクトで多機能なディレイ

Walrus Audioから、SlöとARP-87が1つの筐体に収められたエフェクターが出ますね。

リバーブやディレイを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

また、数量限定モデルなので、欲しい人は早めに購入することをオススメします。

▼SLARP探すならこちら。

Walrus Audio SLARP REVERB & DELAY ~LIMITED EDITION~

SLARPについてはこちらこちらを参照してください。