ワイヤレスシステムのBOSS WL-20、WL-20L、WL-50、WL-T登場

2021年8月11日

BOSSから、ケーブルと同じ感覚で使える新世代のワイヤレスシステムのWL-20とWL-20L、ペダルボード組み込み用にデザインされた高機能ワイヤレスシステムのWL-50、WLシリーズとKATANA-AIR用のスペアトランスミッターのWL-Tが発売されます。

BOSS WL-20、WL-20L、WL-50、WL-T

WL-20とWL-20Lについて

概要

WL-20とWL-20Lは、BOSS独自のワイヤレステクノロジーにより、音の遅れや音質劣化の心配なく、超高品質で安定した信号伝送を実現するようです。また、筐体は非常にコンパクトで面倒な接続設定も一切不要のため、ケーブルと同じ感覚で誰でも簡単にワイヤレスシステムを導入でき、ライブや友人とのセッション、自宅での演奏など様々な場面でケーブルを一切気にすることのないストレスフリーな演奏環境を実現できるようです。

ライブでのサウンドチェック時には客席から自分のサウンドを確認、本番中も自由に動き回り、他のバンドメンバーやオーディエンスも巻き込んだ今まで以上にダイナミックで楽しいライブパフォーマンスが可能のようです。

独自の高性能ワイヤレステクノロジー

BOSSの完全ワイヤレスギターアンプKATANA-AIRで開発された独自の高性能ワイヤレステクノロジーを搭載しており、ダイナミックレンジの広い高音質を実現しているようです。そして、2.4GHz帯で動作し、最適なチャンネルを自動設定して音の途切れが無い安定した通信を行うようです。

2.3msという超低レイテンシーの通信により、全く違和感の無い弾き心地が得られるようです。さらに、同じ場所で最大14台のBOSSワイヤレスシステムを同時に使用できるため、ワイヤレスを導入した複数のミュージシャンが同時に演奏する場合でも安心のようです。

使いやすさ

文字通りギターケーブルと同じぐらいシンプルで簡単に使うことができ、コンパクトなトランスミッターを楽器に接続し、レシーバーをエフェクターやアンプのインプットへ接続するだけで快適なワイヤレス環境が実現できるようです。

一般的なワイヤレスシステムのような複雑な接続設定が一切不要で、トランスミッターをレシーバーに約10秒間接続するだけで最適なワイヤレス接続が自動的に設定されるようです。

トランスミッターとレシーバーをドッキングすれば、スマートフォンやタブレットで使用されているものと同じタイプのUSBアダプター(5V/500mA以上)で両方のバッテリーを同時に充電できるようです。また、それぞれ単独で充電することも可能のようです。

WL-20とWL-20Lの違い

最も一般的なパッシブタイプのピックアップ(電池が不要なピックアップ)を搭載したギターやベースを演奏する際は、WL-20が最適のようです。そして、パッシブタイプのピックアップと3mのギターケーブルを組み合わせた際に起こる自然な音質変化を再現するケーブルトーンシミュレーションを搭載しており、ギターケーブルに特有の温かさのある音質を再現するようです。

WL-20Lの基本機能はWL-20と同じですが、ケーブルトーンシミュレーションが搭載されていないため、プリアンプを内蔵したエレクトリックアコースティックギターやアクティブタイプのピックアップ(電池が必要なピックアップ)を搭載したギターやベース、ショルダーキーボードやローランドのエアロフォンのように出力がラインレベルの楽器などケーブルによる音質への影響がほとんどない楽器に最適化されているようです。また、ピックアップはパッシブタイプでもケーブル特有の音質変化が不要な場合にはWL-20Lが最適のようです。

WL-50について

概要

WL-50は、驚くほど手軽にペダルボードへの組み込みができ、自由に楽器演奏を楽しめるワイヤレスシステムのようです。そして、WL-20・WL-20Lと同様のBOSS独自のワイヤレステクノロジーにより、音の遅れや音質劣化の心配なく、超高品質で安定した信号伝送を実現するようです。

レシーバーは、ペダルボードにセッティングしやすいコンパクトペダルサイズで、充電用のドッキングポートへトランスミッターをスマートに収納できるようです。さらに、ボード内の他のペダルに電源を供給できるDCアウト端子を搭載しているようです。

自動で最適なワイヤレス接続を確立してくれるため、面倒な接続設定も一切不要で、ライブや友人とのセッション、自宅での演奏時など様々な場面で素早いセッティングと自由に動き回れるストレスフリーな演奏環境を実現しているようです。そして、ライブでのサウンドチェック時には客席から自分のサウンドを確認、本番中も自由に動き回り、他のバンドメンバーやオーディエンスも巻き込んだ今まで以上にダイナミックで楽しいライブパフォーマンスが可能のようです。

独自の高性能ワイヤレステクノロジー

BOSSの完全ワイヤレスギターアンプKATANA-AIRで開発された独自の高性能ワイヤレステクノロジーを搭載しており、ダイナミックレンジの広い高音質を実現しているようです。そして、2.4GHz帯で動作し、最適なチャンネルを自動設定して音の途切れが無い安定した通信を行うようです。

2.3msという超低レイテンシーの通信により、全く違和感の無い弾き心地が得られるようです。さらに、同じ場所で最大14台のBOSSワイヤレスシステムを同時に使用できるため、ワイヤレスを導入した複数のミュージシャンが同時に演奏する場合でも安心のようです。

ペダルボードへの組み込み

WL-50はBOSSコンパクトペダルとほぼ同じサイズで、電源に関しても他のペダルと同じように駆動できるため、ペダルを1台追加する感覚で手軽にペダルボードへ組み込むことができるようです。

WL-50のレシーバーをエフェクトチェーンの最前段にセットし、アウトプットを最初のペダルのインプットへ接続するだけで、簡単にワイヤレスを組み込んだペダルボードシステムが完成するようです。そして、レシーバーには、標準サイズのインプットジャックも装備されているので、急にケーブル接続が必要になった場合も即座に対応が可能のようです。

ドッキングポート

トランスミッターの充電とワイヤレスの自動接続設定が可能なドッキングポートを搭載しており、トランスミッターがドッキングされても全体の高さはBOSSのコンパクトペダルとほぼ同じのまま変わらないようスマートにデザインされているようです。そして、ペダルボードにセットしてトランスミッターを充電すれば、文字通りギターケーブルと同じぐらいシンプルで簡単に使えるようです。

トランスミッターをレシーバーに約10秒間ドッキングしてからギター/ベースに接続するだけで最適なワイヤレス接続が自動的に設定されるので、一般的なワイヤレスシステムのような複雑な操作は一切不要のようです。

ケーブルトーンシミュレーション

最も一般的なパッシブタイプのピックアップ(電池が不要なピックアップ)を搭載したギターやベースを演奏する際には、ギターケーブルの長さにより音質に微妙な変化が現れます。WL-50には、その自然な音質変化を再現するケーブルトーンシミュレーションが2種類搭載されているようです。また、プリアンプ内蔵のエレクトリックアコースティックギターやアクティブピックアップ搭載のエレクトリックギターを使用する際は、この効果をOFFにすることも可能のようです。

レシーバーの駆動

ACアダプターでの駆動の際は、WL-50のレシーバーをパワーディストリビューターとして機能させることも可能で、パラレルDCコードを使用することにより、複数のコンパクトペダルへ同時に電源を供給することができるようです。

ストリートライブなどの電源確保が難しい環境では、ペダルを電池駆動させるのが一般的ですが、WL-50のレシーバーも同様に電池駆動が可能のようです。2本の単三電池で約10時間稼働することができるため、あらゆる環境でのワイヤレス演奏を実現するようです。電池駆動の間は、レシーバーからのトランスミッター充電はできませんが、多くのスマートフォンやタブレットで使用されているものと同じタイプのUSBアダプター(5V / 500 mA以上)を使用して直接充電することが可能のようです。

WL-Tについて

WL-Tは、ワイヤレスシステムのWLシリーズとワイヤレスギターアンプのKATANA-AIRと互換性のあるトランスミッターで、付属のトランスミッターを紛失/破損した場合のスペアとして使用可能のようです。また、ライブ用のバックアップトランスミッターとしても利用でき、 WL-T本体の充電やワイヤレスのセットアップは、各製品のトランスミッターと同じ方法で行うことができるようです。

まとめ

  • WL-20はケーブルトーンシミュレーション搭載のワイヤレスシステム
  • WL-20Lはケーブルトーンシミュレーション非搭載のワイヤレスシステム
  • WL-50はペダルボード組み込み用にデザインされたワイヤレスシステム
  • WL-TはWLシリーズとKATANA-AIR用のスペアトランスミッター

BOSSからワイヤレスシステムが出ますね。特にWL-50が便利そうですね。ワイヤレスシステムの導入を検討している人は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

↓で価格を比較してみてください。

WL-20とWL-20Lについてはこちらを参照してください。
WL-50についてはこちらを参照してください。
WL-Tについてはこちらを参照してください。