RYOGA/Neo SKATER/Neo/LH、SKATER-Bass/Neo/LH登場!左利き用のエレキギターとベース!

島村楽器のオリジナルブランドのRYOGAと基本設計やデザインを同じくしながら、マテリアルを見直すことでハイコストパフォーマンスを実現した2ndブランドのRYOGA/Neoから、左利き用のエレキギター「SKATER/Neo/LH」と左利き用ベースの「SKATER-Bass/Neo/LH」が発売されます。

RYOGA/Neo SKATER/Neo/LH、SKATER-Bass/Neo/LH

SKATER/Neo/LHについて

SKATER/Neo/LHは、取り回しが良く弾きやすいミディアムスケールを採用しているようです。そして、ラウンドエッジフレットを採用することで、スムースなフィンガリングが可能となるようです。さらに、抱えた際の安定感を左右するボディのコンター加工は、独自設計となっており、ボディへのフィット感とパフォーマンス性を高めているようです。また、ボディカラーは、Gun Metal BlackとIce Blueの2色のようです。

全音域でバランス感に優れた新開発のピックアップを搭載しているようです。そして、フロントにシングルコイルを、リアにハムバッカーを搭載しているようです。また、リアのハムバッカーは、トーンノブを引くことで、シングルコイルにも切り替え可能のようです。これによって、幅広いサウンドバリエーションを持ち、様々なスタイルやジャンルの音楽・音色に1本で対応できるようです。

SKATER-Bass/Neo/LHについて

SKATER-Bass/Neo/LHは、取り回しの良さと弾きやすさを求めた33インチスケールを採用しているようです。そして、ネックのナット部は、38mmとスリムで扱いやすく、弾きやすい形状のようです。また、ラウンドエッジフレットを採用することで、スムースなフィンガリングが可能となるようです。

抱えた際の安定感を左右するボディのコンター加工は、独自設計となっており、ボディへのフィット感とパフォーマンス性を高めているようです。また、ボディカラーは、Gun Metal Blackのみようです。

全音域でバランス感に優れた新開発のピックアップを搭載しているようです。そして、P-Jレイアウトとすることで、幅広いサウンドバリエーションを持ち、様々なスタイルやジャンルの音楽・音色に1本で対応できるようです。

まとめ

  • RYOGA/Neoから左利き用のエレキギターとベースが登場
  • SKATER/Neo/LHはミディアムスケールを採用したエレキ
  • SKATER-Bass/Neo/LHは33インチスケールを採用したベース
  • SKATER/Neo/LHとSKATER-Bass/Neo/LHは独自設計のボディコンター加工を施している

RYOGAの2ndブランドのRYOGA/Neoから、左利き用のエレキギターとベースが出ますね。左利き用のエレキギターとベースを探している人は、検討してみてはいかがでしょうか。

↓から購入できます。

SKATER/Neo/LHとSKATER-Bass/Neo/LHについてはこちらを参照してください。