Marshall DSL1Cを試奏しました。

2021年10月4日

昨日、楽器屋に行ったらMarshall DSL1Cが入荷していたので、試奏しました。試奏に使ったギターはスクワイヤのストラト(型番は不明)です。

Marshall DSL1C

2つのチャンネル

DSL1Cは、クリーンチャンネルに相当するクラシックゲインと歪みチャンネルに相当するウルトラゲインの2つを切り替えることができます。

クラシックゲイン

最初に、クラシックゲインを試しました。クラシックゲインは高音が強く、アンプのトレブルを0にしてフロントピックアップで弾いても歯切れのよいクリーントーンが出ます。高音が強くて歯切れの良いクリーントーンが好みの人にはよいかもしれませんが、太いクリーントーンが好みの人には向きません。僕はクリーントーンは太い方が好みなので、高音が強すぎるクラシックゲインは好みではありませんでした。

ウルトラゲイン

次に、ウルトラゲインを試しました。ウルトラゲインはその名の通り歪みが強いです。ギターのボリュームを3まで下げてもかなり歪みます。歪みが強すぎてクランチにすることが難しいです。ガンガンに歪ませるのが好きな人には向いていますが、クランチが好きな人には向いていません。僕は弱めの歪が好きなので、ウルトラゲインも好みではありませんでした。

イコライザー

クラシックゲインとウルトラゲインはフットスイッチでの切替も可能なのですが、イコライザーが2つのチャンネルで共通しているため、切り替えて使うのに向いていないと思いました。クラシックゲインに合わせてイコライザーを設定するとウルトラゲインに切り替えたときに音が篭りやすくなりました。また、ウルトラゲインに合わせてイコライザーを設定するとクラシックゲインに切り替えたときに高音が出過ぎました。

まとめ

  • クラシックゲインは高音が強く、トレブルを0にしてフロントピックアップで弾いても歯切れのよいクリーントーン
  • ウルトラゲインは歪みが強く、ギターのボリュームを3まで下げてもかなり歪む
  • イコライザーが2つのチャンネルで共通しているので、チャンネルを切り替えて使うのに向いてない

DSL1Cは家でガンガンに歪ませたい人向けのアンプだと思いました。そして、クリーンやクランチが好きな人は違うアンプを購入すべきだとも思いました。アンプをガンガンに歪ませたい人は検討してみてはいかがでしょうか。

DSL1Cについてはこちらを参照してください。